【医療レーザー脱毛後のケア方法】冷却・保湿の仕方を元脱毛サロンスタッフが解説!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【医療レーザー脱毛後のケア方法】冷却・保湿の仕方を元脱毛サロンスタッフが解説!

こんにちは。

 

脱毛サロン・医療脱毛あわせて25店舗のカウンセリング・脱毛体験に行って、徹底検証している元脱毛サロンスタッフです。

 

脱毛でより綺麗な肌を目指す方が多いと思います。

 

でも脱毛直後の肌って軽いやけどのように炎症を伴うとても敏感な状態になっているので注意しないといけないことがたくさんあるのです。

 

脱毛後のケアの仕方次第で効果に差が出るだけでなく、赤みが出たりなどトラブルにつながることもあるので注意事項をきちんと把握しておく必要があります。

 

クリニックでの脱毛後の注意事項についてまとめてみましたのでよかったら参考にしてください!(^^)!

入浴はダメ?お風呂の入り方

脱毛した当日はシャワーのみというのが基本です。

 

照射直後で赤みがあるうちは強くこすったりするのも避けましょう。

 

 

またスーッとするクール系のボディソープなども刺激になるのでよくありません。


 

湯船に浸かっていいのは24時間後から。

 

もしその時点でも赤みがある場合は赤みが引くまで控えましょう。

冷却しないといけないケース

脱毛後毎回冷却しないといけないというわけではありません。

 

赤みがひどく出ている場合

 

かゆみがある場合

 

ヒリヒリするなと感じた場合

 

には冷却が必要です。

 

 

その時、氷や保冷剤を当てると体が温めようと反応してしまい余計にひどくなることがあります。


 

冷やした方が良さそう、と思った場合には濡らしたタオルで冷やしてください。

 

冷たさが足りない場合は、冷蔵庫などで濡れタオルを冷やしましょう。

ローションやボディクリームで保湿ケア

脱毛後の肌は水分量が少なくなって、乾燥しやすくなります。

 

 

乾燥してかゆみが出ることもあります。


 

ローション(化粧水)やボディクリームでしっかりと保湿してあげることが大切です。

 

クリニックで売っているローションなくても、普段あなたが顔に塗っているものでも大丈夫です。

 

顔は化粧水や乳液で保湿するのが当たり前なのに、

 

「体は一切なにもしません!」

 

という人もたくさんいますが、同じ肌です。

 

体の肌もたくさん日常生活の中でダメージを受けています。

 

脱毛後だけでなく、できれば毎日の習慣にしましょう。

 

 

私はハトムギ化粧水で毎日全身保湿していますよ(^^♪


日焼け対策はしっかりしましょう

脱毛前の日焼け対策ももちろん大切ですが、脱毛後も忘れてはいけません!

 

脱毛後に日焼けをすると、色素沈着や色素脱失の原因になります。

 

 

簡単に言うとシミが増えたりする原因になると思ってもらうと良いです。


 

だからといって室内から出ないなどといった極端な日焼け対策は必要ありません。

 

日常生活を行う上では日焼け止めをキチンとぬっていればOKです。

 

海に行ったり、ゴルフをしたり日焼けしてしまう行為は避けるのがベストです。

マッサージも極力避けましょう

脱毛した部位をマッサージするのも良くありません。

 

 

私はマッサージは2週間後からOKといわれました。


 

強くこすることで色素沈着の原因になります。

温泉・プール・ホットヨガ・飲酒は控えよう

これまで挙げたこと以外にも、体を温めるサウナや岩盤浴、ホットヨガなども赤みが引くまでは控えましょう。

 

また温泉やプールも控えましょう。

 

多くの人が同じ水に浸かるため、たくさんの菌がいます。

 

脱毛後の肌にはよくありません。

 

飲酒も脱毛後24時間は控えましょう。

次回の照射はいつ?

施術後2週間から3週間すると毛が自然と抜け落ちてきます。

 

 

効果を実感すると次回の施術が待ち遠しいですよね。


 

たいていのクリニックでは

 

【顔・首】1回目〜4回目は1カ月以上、5回目以上は2カ月以上

 

【体全体】1・2回目は2カ月以上、3・4回目は3〜4カ月以上、5回目以降は6カ月以上

 

と決められています。

 

次の照射まで、しっかりとケアをして待ちましょう(^^♪

 

参考になれば幸いです☆

 このエントリーをはてなブックマークに追加