【脱毛サロンと医療脱毛の違いは?永久脱毛できる?】脱毛効果・回数を徹底比較!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【脱毛サロンと医療脱毛の違いは?永久脱毛できる?】脱毛効果・回数を徹底比較!

 

こんにちは。

 

脱毛サロン・医療脱毛あわせて25店舗のカウンセリング・脱毛体験に行って、徹底検証している元脱毛サロンスタッフです。

 

脱毛したいけど・・・

 

・医療脱毛と光脱毛ってどう違うの?

 

・永久脱毛できる?

 

・どっちがおすすめ? 

 

と悩みますよね。

 

このページでは医療脱毛と光脱毛の違いについて解説していきたいと思います。

 

 

迷っている方の参考になれば幸いです


脱毛サロンや医療脱毛で永久脱毛できるの?

永久脱毛ができるのは、有資格者の元で行う医療脱毛とニードル脱毛のみです。

 

ニードル脱毛とはTBCのみが行っている脱毛方法で針を使って脱毛します。

 

このページではニードル脱毛については深く語りませんが、違いをカンタンに表にしておきますね!

 

医療レーザー 光脱毛 ニードル脱毛
痛さ ×
効果
価格 やや高め 低め 高め
毛質 濃いほうが〇 濃いほうが〇

(例外あり)

問わない
日焼け × ×

(例外あり)

 

話を戻して、永久脱毛とは「最後の脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」と米国電気脱毛協会によって定義されています。

 

ざっくりいうと永久脱毛とは完全に無毛の状態を一生涯維持し続けるといった完璧なものではないのです。

 

 

感覚としてはアルコールが1%未満であればノンアルコール飲料といえるのと同じような感じですね!(^^)!


 

ちなみに、永久脱毛といえる状態にするためには、毛根の細胞を破壊しなければいけません。

 

細胞を破壊する行為は医療行為になるので、エステサロンの光脱毛では永久脱毛ということができないのです。

医療レーザー脱毛(クリニック)の特徴

医療脱毛とは、名前の通り医療機関(クリニック)で行う脱毛方法で医療従事者のみが扱うことができます。

 

カウンセリングは看護師さんが対応してくれて、脱毛前に必ず医師の問診もあります。

 

 

医療レーザーを使って、毛根の細胞を破壊していきます。


 

レーザーは1点方向に向かって照射されるので、出力が高く脱毛効果も高いです。

光脱毛(脱毛サロン)の特徴

光脱毛は多くのエステサロンで行われている脱毛方法です。

 

 

美容ライト脱毛と呼ばれることもあります。


 

IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛などたくさんの機械と脱毛方法があります。

 

ですがどの脱毛機、脱毛方法でも光脱毛では毛根の細胞の破壊することはできないのでダメージを与えて毛根を弱らせていく減毛・抑毛になります。

 

脱毛サロンの光脱毛とクリニックの医療脱毛との違いを掘り下げます

医療脱毛のほうが断然良いんじゃない?!と思う人も多いと思います。

 

実際に、脱毛効果といった面だけで見ればその差は大きく、光脱毛では医療脱毛に勝つことはできません。

 

 

ですが、光脱毛にもたくさんメリットがあります。


 

光脱毛 医療脱毛
脱毛完了までの施術回数 12〜18回

 

*個人差あり

5〜8回

 

*個人差あり

全身1回あたりの施術時間 1〜1.5時間 3〜4時間
痛み 弱い

 

部位によっては強いが我慢できる程度

強い

 

部位によっては麻酔が必要なほど

脱毛効果 抑毛・減耗

 

(永久脱毛ではない)

永久脱毛
脱毛資格 資格はいらない 医師のもとで有資格者のみ

 

詳しく解説していきます。

 

脱毛回数で比較

医療脱毛のほうが出力が高いので、脱毛完了までにかかる回数も必然的に少なく済みます。

 

光脱毛であれば平均12〜18回、それに比べて医療脱毛は5〜8回で完了します。

1回あたりの施術時間で比較

1回あたりの照射時間は光脱毛のほうが断然短いです。

 

 

医療レーザーでは照射免責が小さいのでその分時間がかかってしまうのです。


 

全身脱毛の場合で光脱毛90分に対して医療脱毛では3時間以上と、だいたい光脱毛の倍くらいの時間がかかります。

 

全身以外の部位ごとの施術時間を比較

全身脱毛同様、サロン・クリニックによって施術にかかる時間は異なりますが、平均として参考にしてください(^^♪

 

サロン クリニック
ワキ 5〜10分 10〜15分
腕全体 20〜40分 40〜60分
足全体 30〜50分 50〜70分
VIO 20〜30分 40〜60分
30〜45分 50〜70分

 

痛みを比較

医療脱毛ではパワーが強い分痛みも強くなります。

 

デリケートゾーンなど部位によっては麻酔を使う人も多いです。

 

それに比べて光脱毛はほとんど痛みがありません。

 

濃い部分には少し痛みがありますが、麻酔が必要になるほどの痛みはないです。

 

脱毛効果

前述したように医療脱毛は永久脱毛といえますが、光脱毛は永久脱毛とは言えません。

 

効果で選ぶなら医療脱毛になるでしょう。

 

脱毛資格

光脱毛は資格がなくても研修を受ければ施術できます。

 

医療脱毛は医療機関でしか扱えず、資格が必要です。

 

もちろん光脱毛でもお客さんの肌を触るお仕事なのでどのサロンでもしっかりとした研修体制が整っています。

サービスの違いにも注目

医療脱毛をしているクリニック、光脱毛のエステサロンどちらもたくさんカウンセリングに行ったからこそ思うのは、サービスの違いです。

 

医療脱毛は効果は高いが接客はあっさりした印象

クリニックでの脱毛は風邪をひいたときに内科に行くのと同じように、比較的タンタンとしています。

 

病院なので当然かもしれないですが施術中もあまり会話もなくあっさりした印象のクリニックがほとんどです。

 

脱毛サロンは店内の雰囲気やサービスがいい

それに比べてサロンでは、お茶やおしぼりのサービスがあったり施術中の会話や気遣いも丁寧なところが多いです。

 

またその時々のキャンペーンなどのお知らせがあるのもサロンの特徴だといえると思います。

 

アフターケアも違う

施術後のアフターケアも大きく違います。

 

クリニックでは炎症止めの塗り薬を渡されます。

 

サロンでは、ローションを塗って押し上げしてくれるなど保湿ケアのサービスがあるところが多いです。

医療脱毛も光脱毛も2カ月に1回の間隔で脱毛する

医療脱毛も光脱毛も「毛周期に合ったタイミング」で照射することでより効果を高めることができます。

 

 

成長期・・・毛母細胞が分裂を始め毛が伸びて皮膚表面から出ている状態

 

退行期・・・毛母細胞の分裂が止まり毛根(毛乳頭)と毛が離れている状態

 

休止期・・・毛根から毛が完全に離れ毛が抜け落ちるとき。成長期に向けて準備している状態

 

 

ダメージを与えたい毛根と毛が離れてる時期である退行期や休止期では効果が出せないのです。


 

毛周期は部位によってことなりますが、平均して2カ月くらいのサイクルで活動しているので、2カ月ごとの脱毛のサロンやクリニックが多いのです。

まとめ

ご自身が何を最優先して脱毛したいかでクリニック、サロンのどちらにするかを判断するのが良いと思います。

 

私が医療脱毛をおすすめしたい人

 

・永久脱毛にこだわる人
・効果を早く実感したい、完了したい人
・何回も通えない人

 

です。

 

光脱毛をおすすめしたい人は

 

・少しでも安く脱毛したい人
・痛みは少なく脱毛したい人
・毎回の施術時間が短い方が良い人

 

です。

 

 

どちらも良い面、悪い面がありますね!


 

ぜひあなたに合ったサロンやクリニックをみつけてくださいね(^^♪

 このエントリーをはてなブックマークに追加