【気をつけて!間違ったムダ毛処理方法】VIO・ワキ・顔・うで・足・背中のムダ毛をカミソリ、シェーバーでキレイに剃るコツ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【気をつけて!間違ったムダ毛処理方法】VIO・ワキ・顔・うで・足・背中のムダ毛をカミソリ、シェーバーでキレイに剃るコツ

 

こんにちは。

 

脱毛サロン・医療脱毛あわせて25店舗のカウンセリング・脱毛体験に行って、徹底検証している元脱毛サロンスタッフです。

 

 

「自分でムダ毛処理したい」

 

と思っても自分でムダ毛処理するって意外と難しく、どうやって処理したらよいのかわからないこともあると思います。

 

このページでは各部位ごとにムダ毛処理のコツを詳しく紹介していきます!(^^)!

間違ったムダ毛処理方法

カミソリは色素沈着や毛が濃くなる原因に

 

最も多くの人がムダ毛処理の方法としてカミソリを使っています。

 

薬局やコンビニなどどこでも安く売っていて、カミソリで毛を剃るとツルツルになって、肌のさわり心地もとても良くなりますよね。

 

肌がツルツルになったように思う理由は、カミソリは毛を剃るときに表皮(1番外側の皮膚)を一緒にそぎ落としているからです。

 

 

最も人気な自己処理法ですが、実はリスクが大きいムダ毛処理法なのです


 

カミソリでムダ毛を剃ってしまうと、下記のようなお肌のトラブルのリスクが高くなることを覚えておきましょう。

 

・乾燥
・赤み
・ブツブツ
・色素沈着
・毛が濃くなる

 

これはすべてカミソリで剃るから起こることなんですね。

 

肌の色素沈着で悩む人もいると思いますが、カミソリで剃ったときの摩擦で起きていることも考えられます。

 

また毛が濃くなる理由として、カミソリで処理したときに表皮が削られると、体が怪我をしたと認識します。

 

そうすると、肌を守らないと!と思って毛が濃くなってしまうのです。

 

 

自分でムダ毛処理すると濃くなるというのは本当なのです。


 

簡単に手軽に使えるカミソリに、こんなリスクがあったなんて知らなかったという人も多いのではないでしょうか(>_<)

 

電動シェーバーでのムダ毛処理が一番良い方法

電動シェーバーは顔にしか使わないよ〜という人もたくさんいると思いますが、肌への負担が少なく、ムダ毛処理の中で1番リスクが少ないのが電動シェーバーです。

 

 

毛が長く、シェーバーに絡まるようであれば事前に切ってからあとはやさしく剃っていくのがベストです。


 

カミソリよりは時間がかかるし、数ミリ毛が残った状態になるので肌のさわり心地もすべすべとまではいかないですが、お肌の負担を考えると一番良い自己処理方法です。

 

毛抜きは埋もれ毛と鳥肌の原因になる。脱毛効果も半減

「カミソリで処理しても黒いテンテンの毛穴が目立つから、ピンセットで抜いてます!」

 

という人はきっと多いはずです。

 

確かに毛抜きで毛を抜くと毛穴がなくなったように感じますが、毛を引っこ抜いているだけあって毛穴にかなりの負担がかかります。

 

 

「埋没毛(埋もれ毛ともいう)」といって毛穴に毛が埋もれてしまう原因になります。


 

埋もれ毛とは毛がちぎれたりして、皮膚の中にそのまま埋もれて閉じ込められてしまった毛のことです。

 

また、毛を無理やりぬくので皮膚も一緒に引っ張ってしまい、凹っとなる可能性があります。

 

これがブツブツに見える鳥肌の原因になります。

 

*こんな感じです

 

さらに、脱毛サロンや医療脱毛に行かれる方は、毛抜きでムダ毛処理すると脱毛効果が薄れてしまいます。

 

なぜなら、脱毛機は「黒い部分」に反応して脱毛するので、毛が全くないと反応しようがないのです。(家庭用脱毛機も同じです)

 

除毛クリームは肌荒れを起こすかも

除毛クリームは、目の見える毛をたんぱく質で溶かすというのが脱毛クリームです。

 

カミソリやシェーバーに比べたら塗るだけだし楽しさはダントツで画期的なようにみえるけど実は・・・

 

お肌が荒れちゃう人がほとんどです。

 

必ず使用前にパッチテストをして、肌に合うか確認してから使用する方がいいです!

 

脱毛ワックスも肌への負担が大きい

脱毛ワックス・ブラジリアンワックスでの脱毛も通販などで購入し、手軽に行えるので人気がありますよね。

 

毛に水あめのようなものを塗ってペリッと剥がすので当然痛みを伴いますが、効果は1〜2週間持続します。

 

脱毛ワックスも肌への負担が大きいですので、荒れたりしてしまう可能性があるのでパッチテストを行ってから使用する方が良いです。

 

脱色の場合はかぶれに注意

毛を剃るまではしたくないけど目立たなくしたい人

 

 

カミソリ負けしてしまうから、カミソリは使えない

 

となると脱色剤を使用する人もいるでしょう。

 

遠目で見たら毛が目立たなくなるのでとても便利ですが、時間を置きすぎると肌に負担がかかってしまうので、使い方には注意が必要です!

 

 

髪の毛を染めるのも頭皮に負担がかかるといわれていますよね。それと同じように、肌への負担があります。


 

つぎは部位別にムダ毛処理のコツを解説していきますね!

 

Vラインのムダ毛処理方法

デリケートな部分は鏡を使うと意外とカンタンにできます。

 

 

肌を傷つけないように慎重に丁寧にすることがポイントです。


 

剃り方

長い毛ははさみで短くしてから、毛の流れに合わせて上から下に剃ります。

 

毛の流れに逆らわずにシェーバーを動かしましょう。

 

毛の流れに逆らうと、お肌への負担が大きります

 

カミソリを使う場合は特にブツブツや赤みがでやすいので丁寧に!

 

毛並みに逆らって下から上に剃ってしまうと、痛いし血がでることもあるので注意してください!

 

Iラインのムダ毛処理方法

Iラインは全身の中で1番デリケートな部分で、粘膜にも近いので慎重に丁寧に!

 

 

見えない場所は鏡をたてかけて、足を開いてシェービングすると剃りやすいです。


 

剃り方

まず長い毛をハサミである程度短くカットしてからシェービングしていきます。

 

長いまま剃るとシェーバーに毛が引っかかってしまうので絶対に短くしてから剃ること!

 

ポイントは電気シェーバーは粘膜の方に刃を向けずに、内側から外側に向かって剃るのがベスト。

 

このとき反対の手で外側に皮膚を伸ばしたら剃りやすいです。

 

カミソリの場合には
T字のカミソリだとうまく剃れる自信がないひとには、ラヴィアのIラインシェーバーが剃りやすくておすすめです。

 

 

ラヴィア Iラインシェーバー ピンク

 

毛の流れに合わせて片方ずつ剃っていきます。

 

皮膚がたるんだりするときは、反対の手でひっぱると剃りやすいです。

 

Oラインのムダ毛処理方法

Oラインは見えないけど鏡を使ってやればわりとカンタンにできます。

 

鏡を床に置いて、鏡をまたいで和式トイレの時ようにしゃがみます。

 

 

恥ずかしさは捨てて、慎重に丁寧に!


 

お尻の穴の力を抜いてやるのがコツです(^^♪

 

剃り方

長い毛は、はさみで切ります。

 

反対の手で皮膚を外側に伸ばしながら、外側から内側にお尻のアナに向かって剃っていきます。

 

後ろ側から剃るとやりやすいです。

 

VIOラインに対応したパナソニックの全身シェーバーもあります。

 

 

パナソニック サラシェ 全身シェーバー オレンジ ES2235PP-D

 

ワキのムダ毛処理方法

ワキの黒ずみって気になりますよね。カミソリで剃っても黒いプツプツができたり、ワキ全体が黒かったり。。

 

摩擦で色素沈着して黒ずみになってしまうので、皮膚を傷つけないための剃り方のコツとしては、皮膚への負担が少ない電気シェーバーで剃るのがおすすめ。

 

たるんでいるので皮膚を伸ばしながら剃ると剃りやすいです。

 

剃り方

電動シェーバーのヘッド部分をお肌にあてて、すべらせるように剃っていきます。

 

カミソリだとローションや保湿クリームが必要ですが、電気シェーバーの場合は刃がお肌に直接触れないので、剃るときのジェルやクリームは塗らなくてOKです。

 

顔のムダ毛処理方法

顔はほとんどが産毛なので電気シェーバーが断然におすすめです。

 

脱毛サロンなどで売ってる電気シェーバーは、もともと顔剃り用のものです。

 

顔は体よりも敏感なので、剃ったあとはたっぷり保湿するのが大事です。

 

剃り方

額→こめかみ→ほほ→あご→鼻→口周りの順番で。

 

肌を傷つけないために同じ部分を剃らないように反対の手で皮膚を押さえて、剃りにくい鼻は中心から外側に剃るのがポイント。

 

カミソリを使うならI字のカミソリがおすすめ。

 

 

お肌を傷つけたりしないように、力を入れて強くそりすぎないようにしましょう!

 

えり足・うなじのムダ毛処理方法

体の中でうなじってやっぱ1番やりにくい^^:

 

まず自分で剃るのはめちゃくちゃ難しいというかできないなら、

 

誰かに手伝ってもらえるなら、家族や友だちに剃ってもらいましょう。

 

剃り方

三面鏡があるなら、何とか頑張ればできます。

 

なければ合わせ鏡にして、髪の毛をアップにしてうなじが見える状態にしましょう。

 

鏡を見ながら軽く皮膚を伸ばして上から下にシェービングするのがポイント。

 

うなじは自分ではみえないけど、男性はけっこうみているので、自然な感じになるように生え際を少し残すのがポイントです。

足・うでのムダ毛処理方法

腕や足は処理しやすい部分ですが、間違った処理をすると傷の原因になるので気を付けてくださいね!

 

剃り方

 

剃り方は上から下に、剃りにくいところは反対の手で伸ばしながら剃るのがコツ。

 

ひじや、ひざのお皿の部分は特に剃りにくいけど、曲げたほうが皮膚が伸びて剃りやすいです。

 

ですが傷つけてしまう恐れが大きいので、足や腕を真っ直ぐ伸ばして、皮膚を引っぱりながらするほうが安全に剃ることができます。

 

背中のムダ毛処理方法

背中も難易度が高いです。

 

 

体が柔らかい人はある程度手も回ると思いますが、うまく自分で処理できない人も多いはずです。


 

そこでおすすめなのが背中専用のシェーバーです。

 

 

ラヴィア Sラインシェーバー

*背中専用のシェーバーは4,000円ぐらい

 

見えない部分の背中、肩、腰とかにも楽にシェービングすることができるし、全身にも使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムダ毛処理の後の保湿が大切

ムダ毛を処理した後は、保湿することが絶対条件です。

 

どんな方法で処理をしたとしても、処理したあとできるだけ早く保湿しましょう。

 

硬めのボディクリームより、化粧水や乳液くらいのサラッとしたものがおすすめです。

自己処理を繰り返すなら脱毛を検討して

いくら保湿をしっかりとしたとしても繰り返し自己処理を続けていると肌にかなりのダメージがかかります。

 

脱毛も肌によくないんじゃ?と思う人もいると思いますが、何度もカミソリやピンセットで自己処理を繰り返すよりずっと肌への負担が軽減します。

 

脱毛することで肌への負担を減らすだけでなく、肌をきれいにすることができます。

 

 

黒ずみや毛穴の開きも改善されます。


ムダ毛の処理は脱毛サロンに任せるのも1つの方法

自己処理にはどうしても限界があります。

 

人に見られても恥ずかしくないようにキレイにするには脱毛サロンを検討してみてもよいでしょう。

 

脱毛サロン 自己処理
メリット ・肌が傷つかない

 

・自己処理しなくてもよくなる

・手軽にいつでもできる

 

・人に見られないので恥ずかしくない

デメリット ・費用がかかる

 

・通わなければならない

・肌を傷つけてしまう

・色素沈着が起き、黒ずみができる
・自分で行うのでムラができる
・一生ムダ毛処理に時間を割かなければならない

参考になれば幸いです☆

 このエントリーをはてなブックマークに追加