ミュゼ心斎橋OPAきれい館店でIラインとOラインを脱毛してきた!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ミュゼ心斎橋OPAきれい館店でIラインとOラインを脱毛してきた!

こんにちは。

 

脱毛サロン・医療脱毛あわせて25店舗のカウンセリング・脱毛体験に行って、徹底検証している元脱毛サロンスタッフです。

 

先日カウンセリングに行ったとき契約した「全身どこでも3か所¥100均一」を申し込んでまだ施術していなかったIライン・Oラインを脱毛してきました!

 

ワキ・ひじ下・Iライン・Oラインを契約したのですが、カウンセリング後は時間が短くひじ下とワキしか施術できなかったので、今回はIラインとOラインの施術をしてもらいました。

 

このページで解説していること
・IラインとOラインの施術の流れ
・IラインとOラインの痛み

 

最後まで読むとミュゼのIラインとOラインの脱毛ついて理解できます。

 

ミュゼの詳細はこちら

 

ミュゼプラチナムグラン心斎橋OPAきれい館店に向かう

本当は電動シェーバーでそらないといけないのは分かりつつ、めんどくさがりの私は前日にカミソリで処理をしました。

 

 

慣れたらシェーバーでも楽に剃れるんだろうな〜とは思います。(笑)


 

先日のカウンセリングは大阪駅前第4ビル店で受けましたが、今回は心斎橋店で予約しました。

 

ミュゼは予約希望日の2日前までに伝えれば店舗の移動ができるのです。

 

そして当日、予約時間の10分前に到着。

 

オープンの時間だったのでカウンターにたくさんスタッフさんがいて出迎えてくれました。

 

早速部屋に案内されて、着替えをします。

 

IラインとOラインのみだったので、上半身はそのままで下だけ着替えます。

 

ピンク色のショーツに書き換えます。

 

ショーツには前も後ろもありません。

 

茶色のガウンを巻いて、ベットに座って待っていました。

 

待っている間暇だったのでスマホを触っていたのですが、スタッフさんが入ってきたらスマホはロッカーにしまうように言われました。

早速Oラインの施術開始!痛かった^^:

ますはうつ伏せでOラインからスタート。

 

消毒をし、剃り残しのある部分はシェーバーで軽く処理してくれました。

 

早速ジェルをつけて照射していきます。

 

私が働いていた時は痛くない部分(外側)から、痛みの強くなる部分(内側)に向かって照射していましたが、

 

今回ミュゼでは内側から外側に向かっての照射だったので、最初のほうのショットが一番痛かったです。

 

でも施術前に

 

 

輪ゴムではじかれたような痛みがあるので、我慢できなかったらいってくださいね!


 

と言ってくれていたおかげで、心構えができていたのでよかったです。

 

昔の機械より痛みが軽くなっていると聞いていましたが、そんなに変わらなかったかな(;^_^A

 

照射後、ジェルをとってコットンで冷やします。

次はIラインの脱毛

その後アフターケアとしてミルクローションを塗ってもらって、次はIラインの施術です。

 

仰向けになって目隠しのゴーグルとタオルを乗せてもらったら、まずは右足のひざを立てて横に寝かせます。

 

右のIラインから施術です。

 

Iラインはシェービングサービスがないので私が処理していったままの形で脱毛してくれます。

 

また消毒し、ジェルを塗った後保冷剤で冷やしてくれます。

 

保冷剤で冷やさずに当てるとやっぱりかなり痛みが強くなるそうです。

 

2分くらい冷やしたら、保冷剤を外し光を当てていきます。

 

こちらも内側の方から光を当てていくので初めの4ショットくらいが一番痛い感じでした。

 

照射後ジェルを拭きとってもらい、その後冷たいタオルで冷やしていきます。

 

これが結構体が冷えます。

 

5分くらい冷やすのでいったん退出しますと告げられてスタッフさんはいなくなりました。

 

5分間待機。。。

 

その後また戻ってこられてタオルを取って、仕上げのミルクローションを塗ってもらって終了です。

まとめ

私は昔脱毛していたので毛が薄くなっているのと、まぁ痛いけど平気かなといった感じでしたが、痛みに弱かったり、脱毛が初めてでまだ毛が濃かったりするともっと強く痛みを感じます。

 

それでもニードル脱毛や医療脱毛に比べると全然マシな痛みだし、時間もほんの数秒なので我慢できないことはないと思います!

 

やっぱりきれいになるには多少の努力は必要ってことですね!

 

お互い女子がんばりましょう( `ー´)ノ

 

ミュゼの詳細はこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加