【日焼け肌でも脱毛できるストラッシュ】施術できない・断られるケースがある?!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【日焼け肌でも脱毛できるストラッシュ】施術できない・断られるケースがある?!

こんにちは。

 

脱毛サロン・医療脱毛あわせて25店舗のカウンセリング・脱毛体験に行って、徹底検証している元脱毛サロンスタッフです。

 

最新の脱毛機でこれまではできなかった日焼け肌でも脱毛できるストラッシュ。

 

産毛には効果が出にくいといったデメリットも克服した機械で、評判もとても良いです。

 

そんなストラッシュでも施術できないケースはあるのかどうかまとめてみました。

 

ストラッシュの詳細はこちら

ストラッシュなら脱毛がOKなケース

ストラッシュはこれまでの脱毛機では脱毛できなかったケースでも脱毛できるようになりました。

 

他のサロンでは脱毛できないけれど、ストラッシュなら脱毛できるというケースをまず初めに紹介します。

 

日焼け肌でも脱毛可能

日焼けしていても脱毛できるというのがストラッシュのSHR脱毛の特徴です。

 

多くのエステサロンが「脱毛期間中の日焼けは禁止」としています。

 

・脱毛の前後1カ月は海にいくなど日焼けする行為は禁止
・日焼けサロンに通っている人は脱毛できない

 

など、こういったことは当たり前のように言われていました。

 

ですがストラッシュのSHR脱毛は黒色に反応する機械ではないので日焼けしていても脱毛できます。

 

日焼けサロンに通っている人でも脱毛ができるのです!

 

 

また肌が黒いと効果が出にくいなどといった心配も不要です。


 

剛毛でももちろん脱毛可能

こちらは他のサロンでもOKですが、ストラッシュでももちろん剛毛で毛深いという人も脱毛できます。

 

毛が濃い・多い人はその分自己処理が大変だったり悩んだりすると思います。

 

脱毛することでかなりストレスも減るはずです!(^^)!

 

ストラッシュなら産毛にも効果が出せる

光脱毛では産毛に効果が出にくいというのを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

黒いものに反応するように作られていた従来の機械では

 

産毛はどうしても黒が薄いので機械が判別できず効果をあまり期待できなかったのです。

 

ですが、ストラッシュは毛穴に対して反応するので産毛のように色素が薄い毛でもしっかりと効果がでます。

 

アトピーや敏感肌でもOK

ストラッシュの脱毛機は高温照射はせず、だいたい40〜50度くらいの温度で照射を4回繰り返します。

 

毛穴全体に熱を蓄えて脱毛していく方法なのです。

 

SHR脱毛は温度が低いため、肌への負担がとても軽減されている機械です。

 

 

これまでの脱毛機では70〜80度くらいの高温で照射していたのでこの差はかなり大きいです。


 

ストラッシュのSHR脱毛なら敏感肌の方やアトピーの方でも安心して脱毛することができます。

 

ほくろの上も脱毛できる

光脱毛ではメラニン色素のかたまりであるほくろの上の脱毛は不可能でした。

 

ほくろを照射してしまうと火傷してしまうからです。

 

ですが、ストラッシュのSHR脱毛ならほくろの上も照射可能です。

 

光脱毛では

 

「ほくろの周りだけ毛が残った」
「ほくろ毛も無くしたい」

 

という声も多かったのですが、ストラッシュならそういった悩みも解消できます(^^♪

ストラッシュで脱毛がNGなケース

では次に最新のSHR脱毛のストラッシュでも脱毛できないケースについて紹介します。

 

日焼けで赤くなっている状態は脱毛できない

日焼けしていてもストラッシュなら脱毛できると紹介しましたが

 

日焼けして真っ赤になっている状態であればさすがの最新マシンを使うストラッシュでも脱毛は断られます。

 

赤くなっている状態というのは、肌が火傷をしている状態ということです。

 

 

そこへ脱毛するのはあまりに危険です。


 

赤みが引くまで脱毛は控えましょう。

 

薬を服用している

多くのエステサロン同様、薬を服用している場合も基本的には脱毛できません。

 

軽く飲んでしまいがちな痛み止めや風邪薬、抗アレルギー剤なども飲んでいると脱毛できなくなります。

 

常備薬として飲んでいる場合は、契約前に脱毛前にも飲んでもOKかどうかを必ず確認しましょう。

 

 

お医者さんからOKをもらえれば脱毛できるなど薬に合わせて対応してもらえます。


 

脱毛前後の飲酒はNG

脱毛の前にお酒を飲んでいる場合も施術は断られます。

 

体内にアルコールが残っている場合にやけどの危険性が高くなるからです。

 

そして、脱毛後の飲酒も禁止です。

 

脱毛後にお酒を飲むと血行が良くなり赤みやかゆみなどを引き起こす可能性があります。

 

生理中はデリケートゾーンは脱毛できない

ストラッシュでは生理になったらヒップとVIOラインの脱毛はできません。

 

ショーツを脱ぐことができなくなるので、その部分以外を脱毛することになります。

 

施術できなかったヒップVIOのデリケートゾーンは生理が終わって再度予約を取れば施術してもらうことができます。

まとめ

ストラッシュのSHR脱毛は最新の脱毛機で、これまでの課題が克服された機械です。

 

 

これからもっと注目されるようになると予想しています。


 

ストラッシュで脱毛を考えているならカウンセリングを受けてみるのも良いと思います。

 

カウンセリングでは脱毛方法や料金プランについて話を聞くだけでもOKです(^^♪

 

予約の時点で脱毛コースや希望部位をはっきりと決めておく必要もありません。

 

はじめての脱毛ですし、料金が高いと不安な方もおられるとも思いますが、

 

ストラッシュの脱毛は、返金保証があり(ただし、解約手数料として10%引かれる)、手続きもカンタンで親切に対応してくれるので安心してください。

 

ストラッシュの詳細はこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加