【TBCの脱毛ができないケース・注意事項】剛毛・うぶ毛・白髪OK!アトピーや日焼けは状態による

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【TBCの脱毛ができないケース・注意事項】剛毛・うぶ毛・白髪OK!アトピーや日焼けは状態による

こんにちは。

 

脱毛サロン・医療脱毛あわせて25店舗のカウンセリング・脱毛体験に行って、徹底検証している元脱毛サロンスタッフです。

 

TBCで契約したのに、もし当日脱毛施術を断られたりしたらショックが大きいし、損した気分になりますよね(>_<)

 

 

事前に注意事項や施術できないケースを把握しておくことはとても大切です。


 

今回はTBCで脱毛するときの注意事項と脱毛できないケースについてまとめてみました。

 

TBCの詳細はこちら

剛毛・産毛・白髪どんな毛質も脱毛可能

TBCのスーパー脱毛・ライト脱毛ともに剛毛でも産毛でも脱毛可能です。

 

剛毛の場合にはどちらの脱毛法でもしっかりと効果を出すことができます。

 

産毛の場合にはライト脱毛では効果が出にくくなりますが、スーパー脱毛では産毛のような細い毛でも効果があります。

 

 

TBCでの脱毛はどんな毛質でも可能です(^^♪


 

太っていても痩せていても問題なし

体形も脱毛には関係ありません。

 

太っていても痩せていても脱毛可能です。

 

追加料金などもありません!

 

アトピーは状態による

アトピーがある人は肌状態によります。

 

 

ひどく荒れている場合などは脱毛できないといわれることもあるようです。


 

脱毛できるかできないかの判断は、TBC側の判断になるので一度直接見てもらうのが一番間違いないです。

 

日焼けしていると脱毛できない

ライト脱毛は日焼けしていると脱毛できないということは知っている人も多いと思います。

 

スーパー脱毛も、過度な日焼けの場合は施術できません。

 

判断の基準としては、赤みやヒリつきがある場合は施術できなくなります。

 

埋もれ毛の場合は

スーパー脱毛は、皮膚表面に出ている毛から脱毛するので埋もれ毛で表面に毛が出ていない状態では施術できません。

 

ライト脱毛の場合には施術自体はできますが、照射で反応した毛が抜け落ちることができないので効果がでません。

 

つまりどちらの脱毛法でも埋もれ毛は良くないのです。

 

 

まずは埋もれ毛をなくすケアをしなければいけません。


 

飲酒は前日当日はNG

アルコールは体温を上昇させるので前述当日は飲んではいけません。

 

もし飲んでしまった場合には火傷の危険性が高くなります。

 

薬の服用の場合は要確認

痛み止めや風邪薬のような市販の薬は基本的に飲んでいたら脱毛を断られることが多いです。

 

病院から処方されている薬の場合には、医師に確認しておく必要があります。

 

薬は飲んでいると、脱毛の際に肌の中で異常に反応を起こす危険性などがあります。

 

脱毛の前日や当日に飲んでいる場合には必ず申告し、脱毛できるか確認しましょう。

 

ケロイド体質の場合

ケロイド体質の方はエステサロンでの脱毛は基本的にできません。

 

施術中に皮膚トラブルが発生する可能性があります。

 

敏感肌で赤みが出る人

敏感肌の人は、施術前に服を脱いだり何かと擦れただけで赤みがでることもあると思います。

 

 

施術時に赤みがひいていれば脱毛可能です。


ニキビの上は施術できない

ニキビができている場合は、肌が炎症を起こしているので脱毛できません。

 

妊娠中は脱毛できない

妊娠している場合は脱毛できません。

 

出産後3ヶ月たつと脱毛再開できます。

 

授乳中脱毛できない部位

出産後3ヶ月たつと脱毛できますが、授乳中はワキ・胸・乳輪周りの脱毛はできません。

 

生理の場合はVIO以外は脱毛できる

生理の場合はVIOライン以外の脱毛はできます。

 

ただ生理中は肌が敏感になったり、痛みが強くなることもあるので施術日を変更するのも良いと思います。

 

前後の予防接種はNG

予防接種すると脱毛の前後の4日間は脱毛施術できません。

 

体調や肌状態に影響を及ぼす可能性があるので前後の施術は避けましょう。

まとめ

TBCで脱毛を考えているならカウンセリングに行って相談してみるのも良いと思います☆

 

カウンセリングでは話を聞くだけでもOKです(^^♪

 

TBCの詳細はこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加