【失敗しない外壁塗装業者の選び方・ポイント】ハウスメーカーや工務店、リフォーム業者、塗装業者に依頼するメリット・デメリット

【失敗しない外壁塗装業者の選び方・ポイント】ハウスメーカーや工務店、リフォーム業者、塗装業者に依頼するメリット・デメリット

外壁塗装は、単に家の見た目を良くするためだけに行うわけではありません。

 

外壁の耐久性を高めて大切な家を守り、快適な住空間を保つのも外壁塗装の役割です。

 

そんな重要な作業だからこそ、信頼できる外壁塗装業者に依頼したいですよね。

 

この記事では外壁塗装で失敗しないために、業者選びで注目すべきポイントを6つ紹介します。

 

資格や許可を持っているか

外壁塗装業者の選び方として、資格や許可を持っているかどうかは大切なポイントです。

 

実は外壁塗装には特別な資格や許可は必要ありません。

 

そのため外壁塗装を行う職人も、ベテランから初心者までさまざまです。

 

資格や許可を持っているかどうかは、業者を選ぶ判断基準の一つになります。

 

塗装業にかかわる資格としては、国家資格の「塗装技能士」があります。

 

取得するためには、2級塗装技能士は2年以上、1級塗装技能士は7年以上の実務経験が必要です。

 

また、許可としては建設業許可があります。塗装工事業での建設業許可を受けるためには国土交通大臣または都道府県知事に申請し、審査を受ける必要があります。

 

さまざまな要件をクリアしなければ許可が受けられないため、建設業許可を得ている業者は信頼度が高いといえます。

アフターフォローや保証があるか

アフターフォローや保証があるかどうかも大切なポイントです。

 

外壁工事のアフターフォローとは、工事終了後の定期点検や劣化が見つかった場合の対応などです。

 

アフターフォローの内容は業者によって異なります。

 

業者を決める前に、アフターフォローの内容をきちんと確認しておきましょう。

 

また、万が一工事に不具合があった場合にどんな保証が受けられるのか、保証期間はどのくらいかも確認しておくことをおすすめします。

自主施工業者かどうか

外壁塗装の業者には、自社の職人だけで施工する業者と、下請けを使う業者があります。

 

自主施工業者のメリットは、中間マージンが発生しないことと、安心感があることです。

 

下請けを使う場合、下請け業者が利益ばかりを重視し、工事の品質が悪くなるというケースも考えられます。

 

その点、自主施工業者であれば見積もりから施工までを同じ業者が請け負うため、トラブルが起こる可能性は低くなるでしょう。

実績があるか

施工実績をチェックすれば、経験豊富な業者かどうかがわかります。

 

ホームページで施工例や「お客様の声」を公開している業者もあるので、参考にすると良いでしょう。

対応が誠実か

業者によっては、説明がわかりにくかったり、契約を急かしたりする担当者もいます。

 

説明を理解できないまま契約すると、トラブルの原因になりかねません。

 

不安や疑問があれば遠慮なく質問し、誠実に対応してくれる業者を選びましょう。

価格は適正か

複数見積もりを取ることも大切です。

 

外壁塗装を初めて依頼する場合、相場がわからず、適正価格で依頼するのが難しいものです。

 

複数の業者に見積もりを依頼し、費用や工事内容を比較しましょう。

 

このとき、あまりにも安すぎる業者や高すぎる業者には依頼しない方が無難です。

 

外壁塗装業者は必ず複数に見積もりを取ろう

 

外壁塗装は足元を見られないように複数社に見積もることがキホン。

 

「ヌリカエ」なら見積もり後のしつこい営業も一切なし。

 

無料で見積もりがとれるので「家の定期健診」をして、家の状態を一度に見てもらっても良いと思います。

 

 

外壁塗装は、日常生活で頻繁に行うものではないため、検討する際は「どこに頼めば良いかわからない」と悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。

 

外壁塗装は、ハウスメーカーや工務店、リフォーム業者、塗装業者などへ依頼するのが一般的です。

 

ただし、ハウスメーカーを仲介する場合、費用が高くなってしまう可能性があります。

 

費用を抑えたい場合は、リフォーム業者や塗装業者へ直接依頼することも選択肢の一つです。

 

次は、ハウスメーカーや工務店、リフォーム業者、塗装業者に外壁塗装を依頼するメリットデメリットについて紹介します。

外壁塗装をリフォーム業者に依頼するメリット・デメリット

リフォーム業者に外壁塗装を依頼するメリットは、外壁塗装以外にさまざまな場所を直せることです。

 

リフォーム業者であれば外壁塗装だけでなく、屋根や内装、水回りなどの工事も幅広く行っている傾向のため、複数の場所を一度に相談できます。

 

リフォーム業者は、幅広く工事を依頼できる点はメリットですが、必ずしも外壁塗装が得意な業者かどうかはわかりません。

 

また、外壁塗装を自社で行わず下請けに依頼するリフォーム業者もあり、その場合は中間マージンが発生するため、費用が高くなります。

 

そのため、リフォーム業者に外壁塗装を依頼する場合は、「実績があるかどうか」「費用は適正か」をしっかりと認しましょう。

外壁塗装を大手ハウスメーカーに依頼するメリット・デメリット

大手ハウスメーカーは知名度も高く、大手のメーカーということで信頼できるとう安心感があります。

 

しかし、過去に大手ハウスメーカーに見積もりをしたことがある方はご存知かも知れませんが、塗装専門業者の相場の1.5倍〜2倍とかなり高い見積もりを出してきます。

 

これはワザと高い料金設定をしているわけではなく、広告宣伝費をかけているためです。

 

さらに、施工内容によって多くの下請け企業を雇うこととなり、中間マージンが施工料金に上乗せされるのです。

 

とはいっても住宅の総合企業ですし、サービスにも期待でき、下請け業者を適材適所に配置し施工してくれるので、多少高めの料金であっても納得できるといえます。

 

確かにハウスメーカーは高い印象がありますよね。

 

知り合いに信頼できる施工業者がいない場合や、大手ハウスメーカーから住宅を購入した場合などは、外壁塗装を任せるのもひとつの方法です。

 

大手ハウスメーカーに依頼すると保証期間が長いというメリットがある反面、価格が高いというデメリットがありますが、大手という信頼と住宅の様々な実績、外壁塗装以外のことも相談できる点を踏まえると依頼するの悪くないと思います。

 

高いは高いなりの理由があるのですね。

 

塗料を特別発注している大手ハウスメーカーもある

大手ハウスメーカーでは外壁塗装に使う塗料を、塗料メーカーに特別発注しているケースがあります。

 

一般の塗装業者では手に入れることが困難な製品も数多くあるという特徴があります。

 

しかし、オリジナルの自社製品を使うということは、競合がいないため塗料の価格が割高になることも考えられます。

 

他に同じような効果が期待できる塗料と、価格を比較してみるといいかもしれません。

 

下請け業者の職人は大丈夫?

もし職人になにかあれば、担当に伝わり、すぐに職人に注意がいきます。

 

ハウスメーカーも看板を背負っているので、いい加減な職人を使うことはほとんどありません。

外壁塗装を地元工務店に依頼するメリット・デメリット

自宅を建ててもらった工務店や大工さんなど、顔見知りがいる場合は、外壁塗装も依頼しようと考えられる方も多いでしょう。

 

住んでいる家に満足しており、その家を建ててくれた工務店や大工さんを信頼しているなら問題ないです。

 

ですが、工務店や大工さんに依頼する前に確認してほしいことがあります。

 

工務店や大工さんは外壁塗装が本業ではありません。

 

そのため、下請け業者に丸投げする形になります。

 

下請け業者の職人がどのような人であるかもわからないので、アタリハズレがでてきます。

 

工務店や大工さんを通じて外壁塗装を依頼する場合は、どのような職人さんであるかを確認することが大切です。

 

塗装を行う職人さんは依頼主とは直接的な責任がないので、適当な仕事をしてしまう可能性もあります。

 

実績豊富な外壁塗装の職人さんかどうかを確かめましょう。

 

工務店に依頼すると料金は安いの?

一般的に工務店などに依頼すると、工事代に10〜30%上乗せされます。

 

業者は工務店が上乗せすることは知っているので、通常よりも利益を削った金額で見積もりを出すことが多いので、良心的な工務店であれば、直接専門店に頼むより少し高い程度です。

 

ただ、もし何か問題があれば、信頼できる工務店ならしっかりと対応してくれます。

 

家を建てたときの対応やアフターフォローをしっかりやってくれたなら、安心して任せることができますね。

外壁塗装を塗装業者に依頼するメリット・デメリット

塗装業者は、塗装のプロになるため、外壁塗装の技術や安定した品質の工事が期待できることがメリットです。

 

自社の職人が施工する塗装業者であれば、中間マージンがカットできる分費用も安く抑えられます。

 

そのため、適正価格で満足のいく仕上がりになる可能性が高いでしょう。

 

外壁塗装業者は、小規模なところも多く優良業者を見分けるのが難しい点は、デメリットです。

 

万が一倒産してしまうと、工事後にトラブルが発生しても対応してもらえない可能性が高くなるため、業者の評判をしっかりと確認しておきましょう。

 

施工実績や口コミなどをチェックするのがおすすめです。

 

外壁塗装の悪徳業者を見分ける方法

外壁塗装は、塗装業者へ依頼するのがおすすめですが、注意したいのは悪徳業者です。

 

悪徳業者へ依頼してしまうと費用が不当に高かったり、仕上がりが悪かったりするなど、後悔するだけでなくトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

 

特に、依頼もしていないのに家へ訪問してくる塗装業者は注意が必要です。

 

訪問営業をする業者がすべて悪徳業者というわけではありませんが、悪徳業者の可能性が高いことは押さえておきましょう。

 

また、大幅な割引ができることをアピールする業者もリスクが高くなります。

 

なぜなら、塗料には相場があり、値引きできる額はある程度決まっているからです。

 

さらに、自社オリジナルの塗料を使う業者も疑ったほうがいいかもしれません。

 

日本で流通している塗料は、大手メーカーのものが約9割です。

 

自社オリジナルの塗料を使う業者には、品質の悪いものを高品質と偽って高額請求してくるケースがあります。

 

そのほか、「今決めれば安くなる」などと、あおって契約を急かす業者も避けたほうがいいでしょう。

【訪問販売業者に外壁塗装の依頼しても大丈夫?】販売業者のすべてが悪質な業者ではない

「家を建ててそろそろ10年。外壁塗装しようかな

 

と思ったとき、どの外壁業者に頼めばよいか悩みます。

 

そう考えていると、インターフォンが鳴り外壁塗装の訪問販売業者が訪れたらどうでしょうか。

 

ナイスタイミング!

 

とせっかくだから見積もりをしてもらおうと思う人もいるでしょう。

 

「やはり専門家が外壁を見たらわかるんだ」

 

「訪問販売なんて熱心な業者だ」

 

と好印象にとらえる人もいるかもしれません。

 

(そんな人いないですかね・・)

 

ここで言っておきたいのですが、外壁塗装の販売業者のすべてが、悪質な業者ではありません。

 

中には本当に良心的で苦労しながら営業し、実績を伸ばしている訪問販売業者もおられます。

 

外壁塗装のクレームで多いのが「悪質訪問業者」

実は、外壁塗装で一番多いクレームが、悪質訪問業者によるトラブルです。

 

外壁塗装で訪問業者に依頼する場合は、よほどしっかり業者を選定しなければなりません。

 

どれだけ多いか国民生活センターの相談件数を見てみましょう。

 

相談件数は2021年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

 

※ここでは、「屋根工事」「壁工事」「増改築工事」「塗装工事」「内装工事」の合計を「リフォーム工事」としています。

 

数千件もの相談が毎年見受けられます。

 

このようなトラブルは、しっかりした業者を選べば未然に防げます。

 

トラブルに合わないためにも、業者選びの注意点を含めトラブルを限りなく減らす方法を箇条書きにします。

 

その1 訪問販売が来ても即決をしない

 

その2 口約束ではなく必ず契約書を交わす

 

その3 保証は長さだけではなく内容も確認する

 

その4 リフォーム瑕疵保険を付ける

 

その5 友人や知り合いの業者だからと言って安心しない

 

とくに即決させようとする業者には注意してください。

 

これは、他の外壁塗装の業者に見積もりをしてもらったり、訪問販売業者や外壁塗装について調べる時間を与えないようにしているとも考えられます。

 

すぐに契約ができるという反面、確認を行う時間が少ないという点を覚えておきたいですね。

 

訪問販売業者に外壁塗装の料金は高いの?

営業マンの人件費がかかるので、専門店よりは高くなります。

 

また、下請けで入る職人も比較的若い人が多いです。

 

独立した職人のほとんどは、なかなか仕事を受注できない状況で、金額が安くて扱いがひどくても受けなければなりません。

 

もちろんこういった悪い業者ばかりではないです。

 

訪問業者を選ぶ際は、営業マンの人柄や細かな説明を確認させてくれるか考慮して判断しましょう。

 

クーリングオフはできる

クーリングオフとは工事などの契約をした消費者が、その後8日間であれば無条件で契約を解除できる制度のことを言います。

 

手続きについては国民生活センターのHPが参考になります。

 

http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html

 

悪質な訪問販売による契約トラブルで困ったときは、クーリングオフ制度があることを頭に入れておきましょう。

まとめ

満足いく外壁塗装ができるかどうかは、業者選びがカギとなります。

 

相見積もりを取ったり詳しく調べたりするのは面倒ですが、後悔しないためには契約前にしっかり準備することが大切です。

 

準備の段階で手を抜くと、悪徳業者に引っかかってしまうかもしれません。

 

わからないことは担当者にとことん質問し、納得できる業者を選びましょう。

外壁塗装の見積もりなら「ヌリカエ」

 

ヌリカエは複数社に無料見積もりが取れる外壁塗装の老舗サイト。

 

自分の希望に沿った塗装業者を、専門アドバイザーとじっくり話合った上で紹介してもらえます。

 

外壁塗装に関する知識が無かったり、知り合いに詳しい人がいなくても安心。

 

塗装業者から現地調査を受け、見積もりをもらった後でも断ることが出来ます。

 

ヌリカエに登録している業者は、その場で即決を求めない塗装業者ばかりなので、その点でも信頼できます。

 

助成金の申請サポートや相談にものってくれます。

 

ヌリカエの詳細はこちら