ひび割れ放置してたらスゴいことになっていた

築年数25年のわが家。

 

気付いたら大きなひび割れ。

 

わかっていたものの放置。

 

 

大丈夫だろうと思ってたらその結果、雨風の侵入を防げなくなってしまい、どんどん外壁や内部の耐久性が下がりいつのまにか腐食・・

 

 

こうなると、外壁そのものを取り替えなければなりません。

 

こどもや孫の代までの耐久性を考えると不安になってきたので外壁塗装と補修の依頼を決意。

 

FACEBOOKで知った無料で相場を教えてくれるサイトで診断してもらい修復工事を依頼しました。

 

 

費用は約30万円

 

 

もし、小さなひび割れの時にご依頼を頂いていれば、もっと安く済みましたね〜。正直、5〜6万程で済むような工事でした。


 

といわれました。

 

定期的に外壁塗装を行っていれば、費用もそこまでかかることなかったのにと激しく後悔。

 

*実際のひび割れです。

 

ゆっくりと劣化していくので、気付いた時には大きなひび割れになるんですね。

 

小さなひび割れであっても、シッカリと把握・対策するべきでした。

お家大丈夫ですか?今の外壁をセルフチェックしよう

私のように手遅れになる前に、ご自身で外壁の状態を調べておくことを推奨します。

 

 

外壁の塗装は悪くなってからするものではないので、上記のようなサインが出はじめたら、そろそろ考慮する時期に入ったと言えます。

 

上記のような症状がでているのに、それを無視していると、建物本体の劣化につながり、後々修繕費用の増大につながります。

 

定期的に外壁の点検、診断、メンテナンスを行いましょう。

無料で診断しよう

診断するだけなら、1円もかかりません。

 

塗装業界の専門アドバイザーが、じっくり話を聞いてくれます。

 

相談だけでも全然OK。

 

外壁塗装に関する知識が無かったり、知り合いに詳しい人がいなくても安心。

 

ちなみに、見積もりをもらった後でも気軽に断ることが出来ます。

 

私が利用したサイトはこちら

トラブルには注意

大事なこどものためにもきちんと手入れして長く住みたいですよね。

 

外壁や屋根は5年も経てばずいぶんと劣化します。

 

もし、修理をお願いするなら業者選びがほんとに重要。

 

実は外壁塗装業界は悪質な業者が多い。

 

故意的に手を抜くような業者や、態度の悪い業者と契約すると、色々なトラブルに巻き込まれる可能性あるだけではなく、

 

業者側では何も対応してもらえないことがよくあります。

 

以下は実際にあったトラブル事例です。

 

■故意的に手を抜くような業者とのトラブル事例
・3回塗りを1回塗りしかされてなく、塗装後2年で剥がれが出てきた。

 

・保証期間内に倒産され、不具合が出たけどどうすることもできない。

 

■態度の悪い業者とのトラブル事例
・業者がタバコなどの吸い殻を持って帰らなかったことにより隣人とのトラブルになった。

 

・高圧洗浄やペンキが隣の家に飛び散りトラブルになった。

 

このようなトラブルは、未然に防げます。

 

トラブルを限りなく減らす方法を箇条書きにします。

 

その1 訪問販売が来ても即決をしない

 

その2 口約束ではなく必ず契約書を交わす

 

その3 保証は長さだけではなく内容も確認する

 

その4 リフォーム瑕疵保険を付ける

 

その5 友人や知り合いの業者だからと言って安心しない

 

一番重要なのは、訪問販売が来ても即決をしないことです。

 

全ての訪問販売が悪いわけではありませんが、トラブルが多いのも事実。

 

契約する際には、必ず契約書を交わし、保証の内容など口約束はしないで書面に残すことを心掛けましょう。

 

業者を選ぶときには、後払いが可能な業者で、県知事許可書と一級塗装技能士の資格を持っている自社施工の業者を選ぶことをオススメします。

 

これらを満たせば、トラブルに合う確率はかなり低くなります。

 

仮に施工中に何か問題が発生しても、誠意を持って対応してくれます。

おわりに

大事なマイホームの外壁・塗料には必ず寿命があります。

 

放置をしても良い事がありません。

 

影響が出なさそうな小さなひび割れでも、ほんの少しの隙間から雨水が浸入して、内部の材料をゆっくりと劣化させていきます。

 

こうなる前に、小さなひび割れであっても、前もって対策しておきたいですね。