引っ越し先で家庭用家電が使えないこともあるの?

海外であれば話はわかるかもしれませんが、実は日本国内でも地域によって引越しをすると家電が一部使えなくなることがあります。

 

私は一度関西地方から関東に出てきたことがあったのですが、電子レンジが急に動かなくなって、パニックになったことがありました。

 

なぜこのようなことが起きるのか、それは電力会社から供給される周波数が異なることに関係しています。

 

日本では、50Hzと60Hzという異なる2種類の周波数が使われています。

 

静岡県にある富士川と新潟県の糸魚川がちょうど境目になって、そこから東は50Hz・西は60Hzとなっているのです。

 

基本的に家電製品は、販売している地域の周波数に対応したものを提供しています。

 

このため、西部から東部などの遠方に引越しをしたときに一部家電が動かなくなることがあります。

 

ちなみに周波数が変わることで使えなくなる可能性のある電化製品として、私の体験した電子レンジの他にも洗濯機や蛍光灯を使った照明があります。

 

もしこれらの家電を周波数の異なる地域に持っていくのであれば、部品を交換するなどの機器の調整をしなければならないかもしれません。

 

その他には扇風機や冷蔵庫、加湿器、空気清浄機もモーターの回転数が変化することで性能に変化が現れる可能性も否定はできません。

 

ただし上で紹介した製品でも特に最近の機種は、50Hzでも60Hzでも利用できる共用タイプが増えています。

 

自分の持っているアイテムはどうかですが、取扱説明書を見ましょう。

 

「50/60Hz」と書かれていれば問題ありませんし、「50Hz専用」とか「60Hz専用」と書かれている場合にはもしかするとそのままだと使用できなくなる恐れもあります。

 

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」

引っ越し先で家庭用家電が使えないこともあるの?関連ページ

旧居の明け渡しと鍵の返却の流れについて
旧居の明け渡しと鍵の返却の流れについて
敷金返還のトラブルを避けるにはどうすればよいかについて
敷金返還のトラブルを避けるにはどうすればよいかについて
妊娠中に引っ越しするするときは産前か産後どちらがいい?
妊娠中に引っ越しするするときは産前か産後どちらがいい?
新居の下見で確認しておきたいこと
新居の下見で確認しておきたいこと
近所へのあいさつ回りは引っ越ししてからいつまでにすればいい?粗品は何がいいの?
近所へのあいさつ回りは引っ越ししてからいつまでにすればいい?粗品は何がいいの?
海外へ引っ越すときの手続きについて
海外へ引っ越すときの手続きについて