二人暮らしの引っ越し料金の計算の仕方

二人暮らしの引っ越し料金について計算する場合、いったい相場としてはどのくらいになるのでしょうか。

 

 

単純に一人暮らしの引っ越し料金を二倍すればよいかというと、そうではないことがほとんどです。


 

例として、新居で2人で生活を始める場合、現在お互いが住んでいる場所へ、それぞれ荷物を取りに行く必要が出てきます。

 

男性と女性では荷物の量が異なることが多く、女性のほうが衣類や小物などが多いケースが多いため、荷物を梱包した段ボールの数も多くなりがちです。

 

また、移動距離もそれぞれ異なるはずですし、家具や家電のサイズなどによっても金額は変わってきます。

 

おおよその相場としては2人分で8万円から15万円といわれることが多いです。

 

また繁忙期などに依頼をすると、それだけでも料金が上がります。

 

2人分の物を運ぶということで、用意するトラックも大型となる場合もあり、その場合も料金が増します。

 

 

 

作業に携わる作業員の数ももちろん関係してきます。

 

まとめ
もし二人暮らしの引っ越しをお考えであれば、いろいろな業者に見積もりを出せることをお勧めいたします。

 

一つの会社だけに見積もりを出させると、高めの金額を請求されることも多いため、複数の業者に見積もりを出させ、その上で納得のできるサービス、価格で作業を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

場合によっては大幅にコストダウンすることができます。

 

これが、相場は8万円から15万円まで幅く考えられている理由です。

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」

二人暮らしの引っ越し料金の計算の仕方関連ページ

単身で一人暮らしの引っ越し料金の計算の仕方
単身で一人暮らしをする場合でも、大勢で引っ越しをする場合でも計算方法はほとんど同じです。
三人家族の引っ越し料金の計算の仕方
三人家族が引っ越しをするには物が溢れていることが多いので、基本料金以外にオプション料金がかかります。
四人家族引っ越し料金の計算の仕方
「単身・県内(50km程度)」であれば3万円程度が費用相場となっていますが、移動距離が200kmを超えるとおおよそ倍の料金(約6万円)が相場です。