引越しの料金を安く抑えるポイント 相見積もりをとるメリット

引越しの料金を安く抑えるポイント 相見積もりをとるメリット

引越しの料金を安く抑えるポイントと相見積もりをとるメリットを解説します。

引越しの料金を安く抑えるポイント

引越しの料金を安く抑えるポイントは、相見積もりを取ることです。

 

インターネットの比較サイトを使えば簡単に複数の引越し業者へ見積もりの依頼をすることができます。

 

都道府県名と希望する日付だけを入力するケースもあれば、現住所と引越し先の住所や必要となる段ボールの個数など詳細な情報を送る場合もあります。

 

大抵は依頼したい地区に対応している引越し業者のリストが準備されているので、そこから見積もりを作成してもらう業者を選んで、フォーマットを送信すれば完了です。

 

相見積もりのメリットは幾つもあります。1つ目は何と言っても効率です。

 

一社ごとに連絡を取っておおよその費用を教えてもらうのは時間も手間もかなりかかります。

 

また料金の相場もよく分からないまま、電話口で強引な営業に合ってしまう可能性も否定できません。

 

対照的にインターネットを使って一括で見積もり請求をすれば、引越しに必要なおおよその値段がわかるだけでなく、価格調査に必要な時間も大きく短縮することができます。

 

納得いくプランを選択できる

2つ目の利点は、料金とサービス内容の比較が簡単にできることです。

 

例えば、搬送用の段ボールはサービスでもらえるのか、ご近所へのあいさつ回りをしてくれるのか、といった点まで詳しく知ることが可能となります。こうした点を細かく見ていくことで、本当にお得なのはどの業者なのかがわかりやすくなります。

 

大手業者なら万が一の破損も補償してくれる

引越しの時に心配になるのが家具や家電などの破損です。

 

業者によっては値段を下げる代わりに電子機器の故障などに関する補償を一切行っていないところもあります。

 

ですから見積もり額の安さで決めてしまう前に、引っ越し作業時の事故に関して保険にきちんと加入しているか、どこまで補償してくれるのかなどを調べておくと安心です。

引っ越し費用はどうやって決まるのか

引越しの料金は「移動距離」、「荷物の量」、「時期」の3つによって決まります。

 

引越しに関わる法律では「基本運賃」というものが規定されています。これは宅配便の場合と同じく、荷物を受け取った場所から届け先までの距離で変動します。距離が遠ければ遠いほど料金は高くなるわけですね。

 

続いて、輸送する荷物の大きさが関わってきます。単身者の場合と家族の場合では当然荷物の多さは異なります。人数によって家具や家電品の大きさや数は変わってきますから、手配する輸送手段もまた変化します。

 

単身者であれば2トン車一台ないし軽トラック1台で十分です。

 

また作業員も1人で足りると考えられます。一方4人家族であれば手配するのは4トン車以上となり、作業員も2人もしくは3人が必要となります。この違いによる燃料費や人件費が引越しの料金に大きく反映されることになります。

 

もう一つの要素が引越しを行う時期です。

 

2月から4月上旬にかけては卒業・進学・就職のシーズンで引越しの需要が増大します。その結果、大手・中小を問わず引越し業者は料金を通常の1割から2割ほど高く設定します。また9月と10月も会社員の人事異動が行われる時期のために引越しをする人が多くなり、料金も割高になっています。

 

これ以外の時期であれば値段が変動することはほとんどありませんよ。

 

付加的な要素として、作業員がすべて引越し業者の社員である場合はアルバイト従業員を採用しているケースに比べて値段が高くなる傾向があります。

 

また引越し約款や保険にきちんと加入しているかどうか、という点も価格変動に影響しています。

 

ただしこれらの点は仕事の質や事故が起きた時の補償とも関わってくるため、料金の安さだけに気を取られて急いでに判断しないことは賢明です。

 

引っ越し費用が決めるポイントをまとめます。

 

・時期
(閑散期の方が繁忙期より安い)

 

・距離
(近い方が安い)

 

・荷物の量
(トラックの大きさにより費用が変わるため、
少ない方が安い)

 

・必要な作業員数
(少ない方が安い)

 

・荷造り
(業者に頼まず自分で荷造りをする方が安い)

 

ここまでは当然のことですが、さらに次のポイントにも気をつけると、費用はさらに安く抑えられます。

 

・業者の大きさ
(小さい引っ越し業者の方が大手よりも安い)

 

・引っ越し日までの時間
(早く決めた方が安い)

 

・引っ越し日の候補
(多い方が安い日を選べる)

 

・引っ越し日の曜日
(平日の方が土日祝日よりも安い)

 

・引っ越しの時間帯
(早朝・夜間の方が昼間よりも安い)

 

・その他の希望
(業者におまかせする方が細かく指定するよりも安い)

 

以上の条件をうまく活用するには、自分にも余裕がないといけませんので、早めに引っ越し業者を手配することが重要になります。

 

新居の入居日が決まったら、すぐに業者を検討して、引っ越しの準備を始めましょう。

見積もりを取って比較すると圧倒的に安いのが「赤帽」

単身で引越しをしようと思う場合、見積もりを取って比較すると圧倒的に安いのが「赤帽」です。

 

赤帽が低料金を実現できる秘訣は、人件費をぎりぎりまで節約していることにあります。

 

赤帽で働いている人はすべて個人事業主で、引っ越しで利用されるトラックも個人所有のものです。

 

そのため配送車を手配する必要がありません。

 

多くの引越し業者が2人ないし3人で作業に当たるのに対し、赤帽の作業員は基本的に一人で、梱包や荷ほどきなどは一切行いません

 

これにより人件費を大幅に抑えることが可能となります。また引越しに伴う養生なども依頼主がすべて行い、赤帽の作業員は荷物の積み下ろしだけに専念します。

 

その際に重い荷物があれば、依頼した人も手伝うことが必要です。赤帽の輸送手段は基本的に軽トラックです。

 

そのため、2トン以上のトラックを利用する他の業者と比べて燃料費を安く抑えることができるのです。

 

引越しに必要な段ボールなどを準備したり、エアコンの取り付け作業を行う業者もあるものの、赤帽ではそうした追加のサービスをせずにできるだけ短時間で作業を終えることで価格を下げています。

 

赤帽の課金システムは「距離」と「時間」という二つの柱から成り立っていて、より安いほうの料金を請求します。長距離の移動が必要な場合には「距離」を基準として、一方近距離の引越しであれば「時間」をベースにして料金が決まります。

 

新居が近い場合には2、3時間の間に何往復しても値段は変わりません。

 

単身の引越しであればすべての料金込みで1万円以下で済むケースもあります。

 

先述のとおり赤帽は個人事業主の組合ですから、同じ地区の赤帽でも値段が異なる場合があります。

 

ですから数軒の赤帽から見積もりを取ってよりお得な料金プランを探してみるのも良い方法ですよ。

 

赤帽の引っ越しの見積もりをとるなら「LIFULL引越し」

HOME’Sは大手の引っ越し業者を含め独身者や学生に人気の赤帽も同時に見積もれます。

 

100社とほかの見積もりサイトと比べ少ないですが、赤帽の見積もりも比較できるのはこのサイトだけです。

 

 

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」