自分で引っ越しするメリット、デメリット|一人での引っ越しの場合単身パックはお得かについて

自分で引っ越しするメリット、デメリット|一人での引っ越しの場合単身パックはお得かについて

業者に依頼をせず友人などの助けを借りて自分で引越しをする人が少なくありません。

 

自分で引っ越しするメリットとしては、料金が安く済むことに加えて、知らない人に家の中を見られずに済むという点があります。

 

一方デメリットとしては、事故による破損などが発生した時に保険がない、また時間がかかるというポイントが挙げられます。

 

引越し業者に依頼すると、トラックの手配や作業員の日当、さらには営業担当者との手続き費用などが加算された金額を支払う必要があります。

 

これと比べて自分たちで作業を行うケースでは、手伝ってくれる友人たちの食事代や車の燃料費を負担するだけでよく、トラックもレンタカーを利用すればかなり安く済みます。

 

また気心の知れた仲間たちであればプライバシーに関して心配する必要もありません。

 

また週末に引越しするのであれば手伝いに来るための都合がつけやすいという利点もありますよ。

 

ただしプロが運ぶ場合と比べて事故が起きやすい、というのも事実です。

 

家電や家具をぶつけて傷が付いてしまったり、壁に穴をあけてしまったということが多々あります。

 

ただで手伝いに来てもらっている手前、こうしたケースで「弁償してほしい」とは言いにくいものです。

 

実際に私は結婚をして嫁の引っ越しを手伝うときに、台車に載せたコンポを電柱にぶつけてしいました。。

 

一方引越し業者に依頼した場合、作業している中で生じた事故に関しては全額補償してくれるケースがほとんどです。

 

また梱包や搬入に関して専門業者は経験が豊富で、作業を円滑に進めるための器具も揃えています。

 

自分たちで作業をする場合には荷物の出し入れに慣れていないため、試行錯誤しているうちに時間がかなりかかってしまう、ということが起こります。

 

また業者によっては高齢者や忙しい単身者のために荷造り・荷ほどきまですべて行ってくれるサービスがあります。

 

時間と予算、また荷物の量などをよく考えて選択することが大切ですね。

 

一人での引っ越しの場合単身パックはお得なの?

引越しの人数が一人の場合に合わせて、さまざまな引越し業者が「単身パック」と呼ばれるプランを準備しています。

 

家電や家具などは引越し先で買うので引越しの荷物が非常に少ないというケースにおいては、このパックを利用すると大変お得です。

 

単身パックの料金は近距離の引越しで1万円から3万円、遠距離の場合には6万円前後に設定されています。

 

通常の引っ越しプランでは10万円前後が基本となるため、単純に値段を比較すると半額かそれ以下になります。

 

この価格を実現できている理由として、一人当たりの輸送可能な荷物量が大きく制限されているというポイントがあります。

 

一人当たりの大きさは各社によって若干の差異があるものの、段ボールで6個前後の容量が一般的です。

 

業者としてはトラック一台の輸送で数人分の引越しを同時に行うことができ、また作業員も1人で良いことから人件費も抑えることができるので格安の料金でこのサービスを提供することができているのです。

 

梱包作業や作業員の人数を増やすことについては、追加のオプションサービスとして申し込むことは可能です。

 

単身パックのカートは洋服や食器、洗面用具などの日用品を詰めればほとんど埋まってしまいます。

 

ですから大型冷蔵庫、洗濯機などのサイズが大きい家電を持っていくことは物理的に不可能です。

 

またソファなどの大きな家具を持っていくこともできません。

 

こうしたものを持っていきたい場合には、2トン車などが必要となるため通常のプランで申し込むことが必要です。

 

もし小さい家電だけを持っていきたい場合には、コンテナの数を二つにするか、もしくは軽トラックを主な輸送手段としている赤帽などに見積もりを取ってみて、料金の比較をするのも良い方法です。

 

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」