引っ越しのときのこどもの転校手続きの方法について

引っ越しのときのこどもの転校手続きの方法について

 

学齢期の子供を持つ方たちが引越しの時に悩むのが転校・転園手続きです。

 

年齢に関わりなくまず取り組むべきなのは在学・在園証明書を取得すること、そして転校・転園先に空きがあるかを確認することです。

 

公立の小・中学校に通っている場合は、学校から在学証明書と教科書交付証明書、自治体から転出証明書を交付してもらいます。

 

これらの書類を引越し先の役場に提出すると入学通知書を受け取ることができます。これらをすべてそろえて転校先に持っていけば大丈夫です。

 

もし私立の中学に転入したい時には、事前に希望転校先へ連絡して空きがあるかを確認します。さらに編入試験をパスすることが必要となります。

 

高校生の場合も自治体から交付を受ける必要のある書類は同様です。

 

ただし義務教育課程ではないため、私立・公立を問わず転校先の学校へ受け入れが可能かどうかを確認する必要があります。

 

また3年生になっていると受け入れが難しくなることも覚えておくと良いでしょう。生徒の空きがある場合には編入試験と面談が行われ、合格した場合のみ入学が可能となります。

 

私立の場合は入学金や授業料などの支払い方法が公立の場合とは大きく異なるため、事前に詳しく確認しておくと安心です。

 

幼稚園・保育園の場合も定員が決められているので、まず欠員があるかどうか連絡して確認します。

 

幼稚園へ転園する場合には、現在通っている幼稚園から在園証明書を受け取り、住民票を添えて提出します。

 

私立の幼稚園の場合は事務手続きに加えて転入試験や親子面談が準備されるケースもあります。保育園は自治体によって管轄されているため提出書類は非常に少なく、また引越しが決まった時点で役所を通して申し込みが可能です。

 

ただし「待機児童」の問題が深刻化しているため、必ず転園できるとは限りませんから、できるだけ早く手続きを始めることが肝要です。

 

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」

引っ越しのときのこどもの転校手続きの方法について関連ページ

引っ越しのとき役所へ転出届を出す手順について
転出届を出すルールは決まっていて、引越し日の14日前から受け付けています。作業もいろいろと大変だと思いますが、間を縫って役所で手続きをしておきましょう。
引っ越しのとき転入届の手続きの手順について
転入届を出すタイミングが決まっていて、引っ越してから14日以内に行わないといけない決まりになっているからです。
国民健康保険に加入している人が他の市区町村へ引っ越す場合の手続きについて
引越しをしたときに、国民健康保険に加入している人は資格喪失手続と加入手続きを済まさないといけません。
引っ越しのときに印鑑登録廃止する手順について
印鑑登録をしている人で、異なる市町村に引っ越しをする場合には現在の印鑑登録の廃止届を出してから、新しく引っ越す自治体で印鑑登録手続きをしなければなりません。
引っ越しのとき児童手当の受給事由消滅届けを転出する手順について
もし児童手当の給付を受けている人が、異なる市区町村に引っ越しをする場合、手続きをしておかないと手当を受け取ることができなくなりますので注意しましょう。
引っ越しのときバイクの住所変更の登録手続き方法について
同じ市区町村かどうか、どのクラスのバイクの住所変更をするのかによって、流れも変わってきます。
引っ越しするときの電気の移転手続きの手順と料金の精算方法について
引越しすることが決まったら、電力会社に電話を入れて住所変更の手続きをしなければなりません。
引っ越しするときのガスの移転手続きの手順と料金の精算方法について
目安としては、引越しの1〜2週間前です。かなり早いと思うかもしれませんが、2週間を切るとほかにもいろいろとやるべき作業が生まれるのでてんてこまいになるからです。
引っ越しするときの水道の移転手続きの手順と料金の精算方法について
水道の使用中止手続きですが、最悪引越し予定日の2日前までに行いましょう。
引っ越しするときの郵便物の転送手続きの手順について
1年経過すると転送サービスは消滅しますが、もし同じ手続きを事前に行っておけば、さらに1年間の転送サービスの更新も無料で実施してくれます。
引っ越しするときのインターネットの移転手続きの手順について
プロバイダごとで若干その手続きが異なるようです。ホームページに流れが書かれていると思いますので、こちらでまずは確認しましょう。
引っ越しするときの電話の移転手続きの手順について
電話の移転手続きですが、引越し予定日の1〜2週間前までには済ませておきたいところです。
引っ越しするときの銀行口座の住所変更の手続きの手順について
銀行も引っ越した場合には、住所変更の手続きを済ませておく必要があります。
引っ越しするときの生命損害保険の住所変更の手続きの手順について
公的な手続きとは違って保険の場合、いついつまでに行わないといけないといったルールは特別ありません。しかし早めに変更しておかないと、ついうっかり忘れてしまうこともあります。
引っ越しするときのクレジットカードの住所変更の手続きの手順について
社会人になると、一枚はクレジットカードを持っている人も多いでしょう。引越ししたら、クレジットカードの住所変更手続きを早めに行った方が良いです。