ヤフーカードはPayPayと紐づけるとTポイントがたくさん貯まるクレジットカード

ヤフーカードはPayPayと紐づけるとTポイントがたくさん貯まるクレジットカード

いま日本ではキャッシュレス社会が急速に進んでいます。

 

スマホ決済に紐づけるクレジットカードを作りたく、ヤフーカードに申し込みたいという人も多いのではないでしょうか。

 

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の特徴は

 

・Tポイントが貯まる

 

・PayPayde連携させるとさらにポイント貯まる

 

というメリットがあり、私もポイントを貯めたいがためにヤフーカードを作りました。

 

 

このページではヤフーカードの特徴を解説します。

ヤフーカードの特徴・メリット

年会費は無料

ヤフーカードは年会費無料で、18歳の学生さんも作れるクレジットカードです。(高校生は除く)

 

カードの色は黒と赤の2種類。

 

ブランドはVIZA・JCB・マスターカードとあり好きなブランドを選べます。

ポイント還元率が高い

ヤフーカードのポイントは「Tポイント」として貯まっていきます。

 

・100円で1ポイント(通常ポイント1%)

 

・Yahoo!ショッピング・LOHACO利用で2%(通常ポイント1%+期間固定ポイント1%)

 

合計で3%ポイントが貯まります。

 

 

ポイントには通常ポイントと期間固定ポイントと2種類あり、

 

通常ポイントは全国のTポイント提携先で使えて、

 

期間固定TポイントはYahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO!以外のサービスでは利用できないので注意してください。

 

Tポイントを使う場合はTポイントで払える店で、「Tポイントで支払いたい」といってヤフーカードを提示すればOKです。

 

持っているTポイントカードと合算できる

ちなみに、すでにTポイントを持っている人も、新しく作るヤフーカードとTポイントを合算できます。

 

 

旧Tポイントカードのほうに合算することもできますし、新Tポイントカードのほうに合算もできます。

 

通常のTポイントの還元率は0.5%と低いので、ヤフーカードを作って統合するのもありですね。

 

PayPayへのチャージに使うと最大で3%還元できる

PayPayのクレジットカードをヤフーカードでチャージすると最大でなんと3%還元できます。

 

 

ちなみにPayPay残高にチャージできるクレジットカードは「ヤフーカード」のみで、他のクレジットカードでは前払いチャージできない仕組みになっています

ヤフーカードのデメリット

ヤフーカードのデメリットはとくに見当たらないのですが、しいていえば

 

・ETCカードは月500と有料

 

・リボ払いの金利が年利18%と高い

 

でしょうか。

 

ETCカードは月500円と有料

 

ヤフーカードを申し込むとETCカードも作れるのですが、月額500円(税抜き)かかります。

 

ETCカードを利用してもTポイントは貯まりますので、この際ETCカードを作成しても良いでしょう。

 

すでに持っているひとや月額500円は払いたくない方は申し込まなくて大丈夫です。

 

リボ払いの金利が年利18%と高い

ヤフーカードのリボ払いの金利は年率18%で、ほかのクレジットカードのリボ払いよりも高めです。

リボ払いの金利
ヤフーカード 18%
楽天カード 15%
三井住友カード 15%
エポスカード 15%

申し込むときに「リボ払いはする・しない」の項目がありますので確認しましょう。

 

また、リボ払いにすると3000円・5000円くれるキャンペーンがあり、リボ払いは金利が付くのでよく考えて申し込みましょう。

 

金利18%はなかなか高いぞ。目先のお金にこだわらないほうがいいかも。

ヤフーカードの審査は2分で終わる

午前11:52にヤフーカードに申し込みました。

 

どのくらいで審査完了するか。

 

2分程度で完了(笑)

 

しかもポイントも4000ポイントもらえた〜

 

 

3~5日後にカードが届きます。

まとめ

ポイントを貯める目的でクレジットカードをつくるならヤフーカードはおすすめ。

 

もう1枚ポイント獲得目的で持つなら間違いなく楽天カード。

 

個人で使うクレジットカードなら

 

1位 楽天カード

 

2位 ヤフーカード

 

です。

 

あなたと私の生活が充実しますように☆