即日融資が可能なおすすめキャッシング・カードローン比較ランキング|マネーナレッジ

更新日 2022年8月8日

即日融資が可能なおすすめキャッシング・カードローン比較

 

失業者も多く給料がなかなか上がらない状況が続く中、キャッシングを新規で利用する方が増えています。

 

一時的でも困ったときはキャッシングを利用するのは良い選択肢です。

 

「キャッシングしたいけどどの消費者金融・カードローンがおすすめなのかわからない」

 

方は読みすすめてください。


 

キャッシングには、主に消費者金融系と銀行カードローン系があります。

 

キャッシングとは、お金を借りられるサービスや行為そのものを指します。

 

消費者金融系と銀行系のカードローンで現金を借りることも、クレジットカードのキャッシング機能で現金を借りることも、広義には同じことです。

 

消費者金融と銀行カードローンの大きな違いとして

 

「金利」
「融資スピード」
「在籍確認のあるなし」
「無利息期間のあるなし」

 

があげられます。

 

簡単に比較表にしてみましょう。

 

 

消費者金融カードローンのメリット

消費者金融カードローンなら

 

プロミス

 

レイクALSA(レイクアルサ)

 

SMBCモビット

 

アイフル

 

がおすすめです。

 

キャッシングまでのスピードが早いのが、消費者金融カードローンの最大の特徴。

 

消費者金融カードローンは最短で即日融資が可能なため、「すぐにお金を借りたい」というときに強い味方になります。

 

在籍確認なしで即日キャッシングできるカードローンもありますので、家族に知られる心配もいりません。

 

口座開設不要で、手続きがシンプルなこともポイントです。

 

返済日の選択肢が多いのも特徴のひとつ。

 

銀行系や信販系のカードローンの場合、指定された返済日にしか返済できないケースも多くあります。

 

しかし、消費者金融カードローンの場合は、返済日を自分で選べたり、決められたサイクルで返済するよう指定できたりと自由度が高くなっています。

 

消費者金融ごとに返済日や返済方法が違うので、借り入れの前にきちんと確認しておきましょう。

 

銀行系カードローンのメリット

一方、銀行系カードローンは、一般的に銀行と呼ばれている金融機関や信用金庫などが取り扱っている融資サービスです。

 

銀行系カードローンなら

 

三井住友銀行カードローン

 

楽天銀行カードローン

 

がおすすめです。

 

銀行系のカードローンは即日融資に対応していませんが、最短翌営業日で融資対応してくれます。

 

低金利なのでおまとめローンにもおススメです。

 

住宅ローンや教育ローンなどとは異なり、利用目的が限定されることはありません。

 

次では即日にお金を借りれるおすすめ消費者金融・銀行系カードローンをご紹介します。

 

 

キャッシングでおすすめ消費者金融カードローン5選|比較

プロミス

審査:最短30分 融資まで:最短60分

 

プロミスは三井住友銀行の傘下のSMBCコンシューマーファイナンスが運営しているカードローンです。

 

審査時間は最短30分で、急にお金が必要になったときも即日融資も可能。

 

プロミスで即日融資をしたい場合ネット経由で申し込みましょう。

 

プロミスのカードローンは、メールアドレスの登録とWeb明細利用を選択すれば借り入れした日の翌日から30日間無利息。

 

安定した収入があれば、パートやアルバイトの方でもお金を借りれるので、女性の方も安心して利用できます。

 

プロミス公式サイトへ

 

プロミスの詳細へ

 

レイクALSA(レイクアルサ)

審査:最短15秒 融資まで:最短60分

 

レイクALSA(レイクアルサ)はパソコンやスマホからのWEBから申し込めば審査なんと最短15秒!

 

申し込みから借入れまでの時間が最短60分とお金を手にするまでの時間も短く、無利息期間もある優良な消費者金融カードローンです。

 

借りたいときにお近くのコンビニや銀行でお金をおろせるので、周囲にバレることなくお金を借りることができます。

 

カードの発行なしの振り込みでの融資も可能で柔軟に対応しています。

 

レイクALSA(レイクアルサ)公式サイトへ

 

レイクALSA(レイクアルサ)の詳細へ

 

SMBCモビット

審査:10秒簡易審査 融資まで:最短60分

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビットは大手銀行のSMBCグループが運営している消費者金融なので、全国の三井住友銀行ATMで借入返済が可能。

 

周囲に消費者金融でキャッシングしているとバレることなく融資を受けることができます。

 

もちろん、コンビニや近所の他銀行でも借入れできます。

 

SMBCモビットで今すぐ借りたいなら「完全WEB完結」というサービスに申し込むと、電話連絡や郵送物(カード)なしで借り入れができます。

 

SMBCモビット公式サイトへ

 

SMBCモビットの詳細へ

 

アイフル

審査:WEB申込なら最短25分 融資まで:WEB申込なら最短25分

 

アイフルは来店不要でネットのみで融資までの手続きをWEB申込なら最短25分で完結させることができる大手消費者金融です。

 

アイフルは会社に勤務している書類があれば、在籍確認なしで融資が可能です。

 

電話で会社の人に勘ぐられたくない方は、アイフルはかなりおすすめの消費者金融カードローンです。

 

1000円からの借入れが可能で、比較的30〜50万円までの少額融資の方に支持されています。

 

アイフル公式サイトへ

 

アイフルの詳細へ

 

オリックスVIPローンカード

審査:最短60分 融資まで:最短即日

 

オリックスVIPローンカードは、オリックス・クレジットの提供するカードローンサービスの1つで、日本全国のCDやATMで利用できるローン専用カードです。

 

その特徴は手続きの手軽さやスピーディーさ。

 

しっかり堅実に生活をしていても、病気や事故で入院することになるなど、急にお金が必要になってしまうことが時にはあるでしょう。

 

すべての手続きがインターネットででき、最短で即日借り入れが可能になるオリックスVIPローンカードのスピーディーさは力強い味方となってくれます。

 

オリックスVIPローンカード公式サイトへ

 

オリックスVIPローンカードの詳細へ

 

消費者金融で即日キャッシングするときの流れ

審査を受けることを前提であるならば、消費者金融で即日キャッシングを利用できる場合があります。

 

消費者金融で即日キャッシングする流れは各業者によって微妙に異なることもありますが、基本的には「申込み」「審査」「契約」「借入れ」の4つです。

 

まず、申込みについては利用する店舗によって、Webや窓口、電話、郵送などさまざまな手続き方法があります。

 

特に急ぎでお金が必要な場合は、WEBからの申し込みが一番最短で借入れができます。

 

申込みが済んだら次に審査が始まります。

 

利用者が質疑応答に応えるというようなケースはほとんどありません。

 

基本的には提出した書類や申告した内容をもとに貸金業者側が判断する形なので、結果が分かるまで待ちましょう。

 

ただし、利用する消費者金融によっては審査の一環で、勤務先に在籍確認をすることがあります。

 

審査に無事通過したら、利用する店舗からの案内に沿って契約をし、すぐに借入れが可能になります。

 

かつては専用のカードなどを使ってお金をおろす方法が主流でしたが、近年ではスマホを利用してコンビニなどのATMで気軽にキャッシングできるようにしている消費者金融が多くなっています。

即日キャッシングでおすすめ銀行系カードローン4選|比較

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンはなんといっても金利が安い。

 

即日融資には対応しませんが、月々の返済負担が少なく、身近なコンビニで手数料もかからず幅広く利用できるなど、総合的に見て十分おすすめできます。

 

特に、長期的な融資においては、大いにそのメリットを活用できそうなカードローンです。

 

三井住友銀行に普通預金口座がなくても申し込み可能です。

 

三井住友銀行カードローン公式サイトへ

 

三井住友銀行カードローンの詳細へ

 

楽天銀行カードローン

楽天カードローンは知名度が高く、楽天銀行の口座開設なくても借入れが可能です。

 

借入れから返済までコンビニなどの提携ATMを利用できるうえに、楽天銀行口座を持たれている方は自分の口座へ振り込んでもらうこともできます。

 

(楽天銀行口座なら24時間即時振込ができる!)

 

月々ご返済も2,000円からでOKなので、余裕を持った返済計画がたてられます。

 

余裕のある月は追加の返済にも対応しており、早めに完済できるので安心です。

 

申込もスマホですべて完結し、今なら楽天ポイントかなりもらえるのでかなりお得です。

 

楽天銀行カードローン公式サイトへ

 

楽天銀行カードローンの詳細へ

 

みずほ銀行カードローン

メガバンクの一行となる、みずほ銀行は銀行カードローンの中でも人気で、

 

「金利が低め」

 

「融資金額が大きい」

 

といった点が特徴です。

 

みずほ銀行口座を持っていればキャッシュカードをそのまま使える点が大きなメリットです。

 

また、返済は口座引き落としのため、手間がかからないのも特徴です。

 

みずほ銀行カードローン公式サイトへ

 

みずほ銀行カードローンの詳細へ

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンを利用して借入れする場合、審査通過は簡単ではありませんが、金利が低く安心して借り入れできます。

 

また、申し込みはインターネットで24時間受け付けているので手軽に手続きできる点も魅力です。

 

提携ATMも全国にあるため、借りる際に近くにATMがなくて困ることもありません。

 

借入れを検討している人は、オリックス銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

 

オリックス銀行カードローン公式サイトへ

 

オリックス銀行カードローンの詳細へ

 

銀行カードローンの即日融資は利用できる?

消費者金融では即日融資を取り扱っているところもありますが、「銀行カードローンは即日融資できない」のが一般的です。

 

その理由として、銀行カードローンは「消費者金融よりも審査が厳しい」ことが挙げられます。

 

審査が厳しい理由は、暴力団関係者など反社会的勢力への融資を阻止するためです。

 

かつて、銀行カードローンは暴力団の資金源となっていたケースもあったことから、政府は2007年に「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を取りまとめました。

 

その指針に沿って、現在では多くの銀行で契約書に暴力団への融資を拒否できる条項を盛り込んでおり、実際に警視庁のデータベースに照会を行っています。

 

その結果を待ってからでないと審査が進まないため、即日融資ができないのです。

 

また、審査が厳しくなるもう1つの理由として、銀行カードローンは一般的に消費者金融よりも金利が低いことも挙げられます。

 

低い金利で貸し出すということは、それだけ銀行側の儲けが少なくなるので、万が一返済が滞ってしまうと損失が大きくなってしまいます。

 

銀行カードローンは融資をする側が負うリスクを極力減らすために慎重に審査をするため、即日融資に対応していないのが実態です。

審査なしの即日キャッシングって本当にある?

結論からいうと、審査なしの即日キャッシングサービスを提供している消費者金融や銀行はありません。

 

なぜなら、消費者金融や銀行などが営む貸金業は融資したお金が返ってこなければ、損失が発生するからです。

 

貸金業者や銀行は貸したお金に利息を付けて回収し、それを収益として従業員の人件費やサイト運営費などに回して経営を続けています。

 

もしも、融資したお金が返ってこないと経営サイクルが乱れてしまい、事業を続けていけなくなるかもしれません。

 

そうしたリスクを避けるために、貸金業者や銀行がお金を貸し出すときは必ず審査を行います。

 

審査内容については各貸金業者や銀行によって異なり、中には比較的簡易なところがあるのは事実です。

 

しかし、審査が簡易なものであればあるほど、一般的に返済リスクは高くなる傾向にあるので、その分だけ金利が高くなりがちである点は覚えておきましょう。

 

なお、どうしてもすぐにお金が必要だという人は、「すでに契約しているクレジットカードのキャッシング枠を利用する」という方法もあります。

 

こちらの方法は契約時点で審査が終わっているので、カードの所有者が必要なときにいつでもキャッシングを利用できる状態です。

 

そのため、所有しているクレジットカードにキャッシング枠が付いている場合は、利用するとよいでしょう。

 

即日キャッシングする場合でも在籍確認はあるの?

即日キャッシングする場合、在籍確認は基本的にあります。

 

ただし、一部の消費者金融では条件がそろえば在籍確認なしでキャッシングすることが可能です。

 

その条件とは「社員証」や「給与明細書」「社名入りの社会保険証」などの書類から勤務先を確認できることです。

 

実際にアイフルとSMBCモビットは職場に電話を掛けることはしないで、書類審査のみで在籍確認を行うようになっています。

 

キャッシングにあたって「どのような会社に勤務しているか」は利用者の返済能力を図るうえで大切な指標です。

 

そのため、在籍確認を行う貸金業者が多いですが、一部の消費者金融では簡易に行われているというわけです。

 

アイフルやSMBCモビットならオンライン上で契約が完結するので、自宅に郵便物が届いて家族に知られるということもありません。

 

「キャッシングの利用を他人に知られたくない」という人は、アイフルかSMBCモビットの利用を検討するとよいでしょう。

 

アイフルの在籍確認について

原則、勤務先への電話による在籍確認なし

 

条件

・現住所記載の本人確認書類の提出

 

・収入証明できる書類の提出

 

アイフルの詳細はこちら

 

アイフルの申し込みはこちら

 

SMBCモビットの在籍確認について

WEB完結申込なら電話連絡なし

 

条件

・WEB完結申し込みであること

 

・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている

 

・社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)もしくは組合保険証を持っている

 

SMBCモビットの詳細はこちら

 

SMBCモビットの申し込みはこちら

 

最短即日発行&キャッシングできるクレジットカードはあるの?

即日発行・キャッシングできるクレジットカードはあります。

 

しかし、即日発行・キャッシングの双方に対応しているクレジットカードはそれほど多くありません。

 

中にはイオンカードのようにカードの即日発行はできても、即日キャッシングには対応していないところもあるので気を付けましょう。

 

即日発行・キャッシングが可能でよく知られているカードとしては、「ACマスターカード」や「エポスカード」が挙げられます。

 

消費者金融大手のアコムが発行しているACマスターカードの特徴は、「借入限度額が多い」「独自審査を行っている」の2点です。

 

金利こそ3.0%〜18.0%と高くなる可能性もありますが、借入限度額は800万円とかなり多いのは魅力だといえます。

 

また、カード発行の審査は独自の基準で行っているため、ほかのクレジットカードの審査に落ちた人でも、ACマスターカードなら通ることもあります。

 

一方、百貨店大手のマルイが発行するエポスカードの特徴は「ATM利用手数料がかからない」ことです。借入れや返済などでATMを利用してお金の出し入れをしていると、そのたびに手数料がかかってしまい、もったいなさを感じている人もいるのではないでしょうか。

 

その点、エポスカードなら各種銀行やコンビニに設置されているATMの利用手数料はかからないので、キャッシングを頻繁に利用する機会のある人ほどメリットがあります。

 

なお、借入限度額は99万円、金利は18.0%です。

補足

急いでお金が必要な場合、消費者金融を利用するか、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法があります。

 

残念ながら、審査なしの即日キャッシングに対応している貸金業者はありませんが、在籍確認を職場に電話することなく、書類上で簡易的に行っているところはあります。

 

キャッシングの利用条件は各貸金業者によって千差万別なので、事前によく調べたうえで、自分の条件に合ったところを選ぶようにしてください。

おすすめのカードローン検索

 

どうしてもお金が必要な時に、手元にお金がないという経験は誰しもあります。

 

そこで便利なのが即日融資が可能なカードローン。

 

会社員だけでなくアルバイトやパートでも融資が可能。

 

コンビニやお近くの銀行で気軽に利用できるので、周りに知られることなく借入れできます。

 

金利も安いカードローンも多く、来店不要・カード不要の要望にも対応しています。

 

いつでもお金を引き出せることを考えれば、カードローンは安心のお守りになります。

 

絞り込み検索リセット

消費者金融カードローンの特徴

お金を借りるまでの時間がダントツで早い

消費者金融カードローンは最短で即日融資が可能なため、「すぐにお金を借りたい」というときに強い味方になります。

 

消費者金融によっては、最短30分程度で審査が完了し融資できるケースもあります。

 

一方、銀行系カードローンは審査に時間がかかるため、融資まで数日かかることも珍しくありません。

 

口座開設不要

消費者金融カードローンは口座開設不要で、手続きがシンプルなこともポイントです。

 

銀行系カードローンの場合、利用するためには指定の金融機関での口座開設が必須というケースが少なくありません。

 

しかし消費者金融カードローンであれば、口座開設不要で申し込みができます。

 

口座を開設すると借り入れ後も管理し続ける手間が増えますが、消費者金融カードローンであればその心配はありません。

 

さらに消費者金融カードローンは無担保・無保証金で利用でき、申し込み方法もほかのローンと比べてとても簡単です。

 

申し込み方法はパソコンやスマートフォン、電話、無人店舗、スマホアプリなどさまざまで、申し込み・契約・借り入れをすべてウェブで行えるケースもあります。

 

無利息期間がある

一般的に、消費者金融カードローンは銀行系や信販系カードローンと比べると、金利が高めに設定されています。

 

その一方で、初回利用時に無利息期間を設けていることが多いです。

 

無利息期間というのは借り入れ額に対する利息が無料になる期間のこと。

 

多くの消費者金融が「契約日の翌日から30日間」を無利息期間としています。

 

消費者金融カードローンは、総量規制の対象

総量規制とは貸金業法に基づき、年収の3分の1を超える貸付けを原則禁止するというものです。

 

例えば年収が300万円の人の場合、借り入れができるのは合計で100万円まで。

 

つまり、現在の借り入れ額が大きい人や一度に多くの借り入れをしたい人、収入がない人などは消費者金融カードローンを利用できません。

 

なお、貸金業法が適用されるのは消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者だけです。

 

そのため、銀行系カードローンは総量規制の対象にはなりません。

 

消費者金融カードローンの返済方法

消費者金融カードローンは、返済日の選択肢が多いのも特徴のひとつ。

 

銀行系や信販系のカードローンの場合、指定された返済日にしか返済できないケースも多くあります。

 

しかし、消費者金融カードローンの場合は、返済日を自分で選べたり、決められたサイクルで返済するよう指定できたりと自由度が高くなっています。

 

消費者金融ごとに返済日や返済方法が違うので、借り入れの前にきちんと確認しておきましょう。

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンは、一般的に銀行と呼ばれている金融機関や信用金庫などが取り扱っている融資サービスです。

 

住宅ローンや教育ローンなどとは異なり、利用目的が限定されることはありません。

 

銀行系カードローンの特徴でありメリットの一つに、金利が低いことが挙げられます。

 

あくまでも傾向としてですが、消費者金融系のカードローンと比べると低金利で融資を受けることができるため、同じ金額を借り入れた場合でも利息の負担を軽減させることが可能です。

 

銀行系カードローンは審査から融資までの時間がかかる

低金利で借り入れができる理由の一つは、審査の過程にあります。

 

即日融資が可能な消費者金融系カードローンがある一方で、銀行系カードローンは審査から融資までにある程度の時間がかかります。

 

申し込みから1週間前後を要するのが一般的ですが、これは債務者の信用情報等を丁寧にチェックしているためです。

 

平成30年に銀行系カードローンの審査が厳格化したことも影響しています。

 

詳細な審査基準等は金融機関により異なりますが、消費者金融系カードローンと比べると審査が厳しいことは間違いありません。

 

返済能力等を考慮し限度額が決められるため、債務者は安心して返済可能な金額の融資が受けられるという点ではメリットともいえるでしょう。

 

銀行系カードローンは総量規制の対象ではない

総量規制とは貸金業法で規定された、「年収の3分の1を超えた貸付はできない」という、貸金業者すべてに適用されるルールです。

 

しかし、銀行は銀行法が適用される金融機関であり貸金業者には該当しないため、総量規制の対象とはなりません。

 

法律上、銀行系カードローンでは年収の3分の1を超える融資を受けることも可能なのです。

 

ただし、各金融機関が独自に貸付条件を設定しているため、すべての利用者が必ずしも年収の3分の1を超える借り入れができるとは限りません。

 

各銀行の貸付基準のほか、仕事や年収、資産などによって借り入れ可能額は変わります。

 

銀行系カードローンの返済方法

銀行系カードローンの返済方法は、大きく、毎月定額を返済する方法と、利用者の都合に合わせて随時返済する方法の2つに分けられます。

 

前者は「約定返済」などと呼ばれ、利用限度額などに応じた金額を、あらかじめ指定された月々の返済日に返済していく方法です。

 

月々の返済日が固定の金融機関もあれば、複数の選択肢の中から利用者が自由に選べる銀行もあります。

 

計画的な返済が可能な方法であり、ほぼすべての銀行系カードローンで利用できます。

 

後者は「任意返済」や「臨時返済」などと呼ばれている返済方法です。

 

基本的には返したい時に返したい金額を返済することができますが、毎月の返済が遅れている場合や利息の金額以下の返済はできないなどの制約があるので利用の際にはより計画性が求められます。

まとめ

地方銀行の融資日本政策金融公庫の融資もありますが、審査が厳しいのも事実。

 

そんな中、消費者金融や銀行カードローンを利用するのもひとつの方法です。

 

即日融資にも対応している消費者金融もありますし、在籍確認なしのカードローンもあります。

 

WEBからの申し込みが借入れまで最速なので一番おすすめの申し込み方法です。

 

ぜひ検討してみてください。

 

国・自治体に申請したらもらえるお金・給付金

日本の社会保証制度には、申請すればもらえる給付金・助成金がたくさんあります。

 

国や自治体に申請すると、お金が支給されたり戻ってくる制度は以外と多いです。

 

あまり知られていない補助金もあり、国や自治体は積極的には教えてくれないのでここでまとめてみました。

 

子育て・教育でもらえるお金|給付金記事一覧

育児休業給付金

 

児童手当

 

教育一般貸付(国の教育ローン)

 

幼児教育・保育の無償化

 

奨学金

 

高等学校等就学支援金制度(高校無償化)

 

高等教育の修学支援新制度

 

高校生等奨学給付金

 

就学援助制度

 

生活福祉資金貸付制度

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

 

住まい・暮らしでもらえるお金|給付金記事一覧

住宅ローン減税

 

すまい給付金

 

収入減・失業・転職でもらえるお金|給付金記事一覧

失業保険

 

教育訓練給付金

関連サイト