レイクALSA(レイクアルサ)の審査は甘い?審査時間や在籍確認の有無、借りるまでの手順を解説!

レイクALSA(レイクアルサ)の審査は甘い?審査時間や在籍確認の有無、借りるまでの手順を解説!

審査:最短15秒 融資まで:最短60分

 

レイクALSA(レイクアルサ)は申し込みから借入れまでの時間が最短60分と審査時間も短く、無利息期間もある優良な消費者金融カードローンです。

 

はじめてWebで申し込みした場合、60日間利息無料の特典を受けられるカードローンです。

 

カードの発行なしの振り込みでの融資も可能で柔軟に対応しています。

 

このページではレイクALSA(レイクアルサ) の

 

金利と借り入れ限度額

 

審査通過する条件や審査時間

 

申し込みに必要な書類

 

申し込み方法の種類や借入れまでの流れ

 

利用できる場所や返済方法

 

について説明していきます!

 

レイクアルサの特徴
実質年率 年4.5%〜年17.8%(30日間は無利息)
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短15秒
即日融資 可能(借入れまで最短で1時間)
在籍確認 基本的にある

 

 

レイクALSA(レイクアルサ)の金利と借り入れ限度額

レイクアルサの金利

レイクアルサの適用金利は、基本的に限度額が大きくなるほど低くなります。

 

借入額 適用利率
1〜999,999円 15.0%〜18.0%
1,000,000〜2,000,000円 12.0%〜15.0%
2,000,001〜3,000,000円 9.0%〜15.0%
3,000,001〜4,000,000円 7.0%
4,000,001〜5,000,000円 4.5%

 

レイクALSAは後から、借入限度額を引き上げることもできます。

 

限度額を増額したい場合は、レイクALSA会員ページ内の「ご利用限度額アップのご確認・申し込み」などから手続き可能です。

 

増額の可否は、増額申し込み時の年収や返済履歴などをもとに決められます。

 

借入限度額

レイクALSAでお金を借りれる限度額は、1〜500万円です。

 

ただし、すべての人が500万円まで借りられるわけではありません。

 

個人の限度額は、個人属性・信用情報・他社の借入れ状況などをもとに決められます。

 

*年収の3分の1までしか借りれない総量規制という規則があるため、500万円まで借りるには年収1500万必要です。

 

なので、多くの人が限度額の500万円まで借りることは難しいですが、レイクアルサは可能な限り限度額は考慮してくれます。

 

属性別の借入限度額の目安は

 

アルバイト・パート・学生

10万〜50万

 

会社員・自営業・派遣社員

10万〜80万

 

基本的に初回限度額は50万円になることがほとんどです。

 

レイクALSA(レイクアルサ)で即日キャッシングする方法

・できるだけ早い時間帯にWEB申し込みをして審査の手続きを完了させる

 

用意しておきたいもの

・身分証明書(運転免許証 or 健康保険証)

 

・収入証明書(100万円以上希望する場合はいります)

 

レイクALSA(レイクアルサ)の場合は、WEB申し込みで必要書類の確認を完了させれば、当日中にご自身の口座に希望する金額を振りこんでくれます。

 

*本人名義の振り込み口座が必要

 

 

 

自動契約機で融資を受ける場合、さきに申し込みだけWEBで完了させると融資まで10〜30分ほどとスムーズにキャッシングできます。

 

WEBで申し込まないで無人契約機で一から手続きすると約1時間ほどかかります。

 

自動契約機で即日融資を受ける場合も、できれば20:00までには申し込みだけは済ませておいた方が良いです。

 

カードが発行されるので本人名義の振込口座の必要はありません。

 

早くお金を借りたいならWEB申し込みをしておきましょう。

 

レイクALSA(レイクアルサ)の審査内容・審査が通る条件と審査時間

レイクALSA(レイクアルサ)の審査通過する条件や審査時間を解説します。

 

審査に通過する条件

レイクALSAの利用対象者は、

 

満20〜70歳で日本国内に居住している人

 

日本の永住権を取得している人

 

です。

 

以上の条件を満たす人は、パート・アルバイトでも利用しやすいのが特徴です。

 

審査内容や審査に通過する条件は公開されていませんが、目安にできる基準はあります。

 

基本的にレイクALSA(レイクアルサ)の消費者金融は、銀行カードローンよりも貸し付けの対象者が広いので、融資してくれる確率も高いです。

 

なので、収入が少ないパート・アルバイトでも安心して申し込めます。

 

⇒レイクALSA(レイクアルサ)に申し込んでみる

 

レイクALSA(レイクアルサ)の審査基準

カードローンは、本人属性・信用情報・他社からの借入れ状況から審査しているとされています。

 

具体的には、各項目に点数をつけて、自社の審査基準と照らし合わせて合否を決定しているということで、レイクALSAも同様に審査していると考えられます。

 

本人属性は、職業・勤務先・雇用形態・勤続年数・年収・住まいの状況など、返済能力に関わる本人の属性です。

 

どれくらいの年収があればよいのかなどは明らかにされていませんが、「高収入」ではなくても、レイクALSAでの借入れは可能です。

 

借入額はレイクALSA(レイクアルサ)は総量規制の対象なので借入れの限度額は基本的に年収の3分の1までです。

 

総量規制とは

 

借りることのできる額の総額に制限を設ける規制のことです。

 

無職の方や専業主婦の方は審査が通らない

レイクALSA(レイクアルサ)は収入のない無職の方や専業主婦の方は審査に通らず、借入れができないので注意してください。

 

返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加を防ぐために貸金業法を遵守しているのです。

 

ただ、年金受給者は審査に通る可能性があります。

 

レイクのよくある質問にきちんと記載があります。

 

 

参考元:レイクALSA(レイクアルサ)のよくある質問から

 

年金の受給金額が確認できる書類を用意すれば、年金の受給者でも審査に通り融資を受けれるかもしれないということです。

 

「人生100年時代」といわれている時代に高齢者でもお金を借りれるレイクALSA(レイクアルサ)は貴重だと言えますね。

 

レイクALSA(レイクアルサ)が重視する審査項目

レイクALSA(レイクアルサ)の借り入れ件数が審査で最も重要です。

 

申し込み時点で、借り入れ件数が0件もしくは1〜2件の人はかなり有利だと言えます。

 

レイクALSAなどのカードローン会社は、取引履歴などを参考に申し込んだ人の信用度を審査しています。

 

信用情報は、個人信用情報機関などに登録されているクレジットカードやカードローンの取引履歴です。

 

他社からの借入れ状況は、主に総量規制に関わる項目です。

 

総量規制(年収の3分の1を超える貸付)に抵触する場合、借入れは難しくなります。

 

レイクALSAは、以上の項目に点数をつけて、自社の審査基準と照らし合わせて合否を決定していると考えられます。

 

審査時間の目安

レイクALSAの審査時間は最短15秒です。

 

8時10分〜21時50分(第3日曜日は8時10分〜19時)であれば、申し込み後すぐに結果を確認できます。

 

最短15秒はWeb申し込み後に行われる仮審査の目安時間ですので、とにかく早く融資を受けたい方はWEBで申し込みをしましょう。

 

⇒レイクALSA(レイクアルサ)のWEB申し込みはこちら

 

仮審査後に行われる本審査の所要時間は最短60分で、契約手続きを含め最短60分以内と考えればよいでしょう。

 

審査結果を確認できる時間は、

 

電話から申し込みは9〜21時(日曜日は19時)

 

自動契約機から申し込みは9〜22時

 

(日曜日は19時、店舗により異なることがあります)。

 

これらの時間帯以外の場合、翌営業日以降に電話やメールで審査結果が通知されます。

 

*審査結果が届かないときは、公式サイトの「審査状況のご確認」で確認できます。

 

最大180日間無利息!

60日間の無利息と180日間の無利息期間が選べるようになっています。

 

60日間無利息はWEBで申し込み限定の利息です。

 

自動契約機または電話での申し込みの場合「30日間無利息」 「5万まで180日間無利息」のどちらかを選びます。

 

返済回数によって金利が違ってきます。

 

60日間無利息と180日間無利息の比較表

 

30日間無利息と180日間無利息の比較表

 

「60日間無利息」と「30日間無利息」の場合

すべてにおいて60日間無利息の方が金利はお得だと言えます。

 

*200万円超の借入限度額の場合、30日間無利息のみ利用できます。

レイクアルサは在籍確認はある?ない?

レイクアルサの審査では、勤務先の在籍確認の電話がある場合があります。

 

*レイクアルサのQ&Aより

 

審査の際はご自宅やお勤め先への確認のご連絡をさせていただく場合がございますと書いてありますね。

 

必ず連絡があるわけではないということです。

 

会社に勤めていることがわかる書類があれば、在籍確認はなくても借りれる可能性は高いです。

 

具体的には、

 

会社に在籍ていることがわかる書類(社員証・社会保険証・雇用契約書など)

 

収入を得ていることがわかる書類(源泉徴収票・給与明細書など)

 

の提出があげられます。

 

在籍確認があった場合は「レイクアルサですが・・」と会社名ではなく、

 

個人名での確認電話なので、消費者金融から電話がかかってきたとバレることはありません。

 

レイクアルサの名前を使用せず担当者の個人名で電話をかけたり、非通知または発信専用の電話番号で電話をかけたりするなどの配慮をしているので安心できます。

 

そのため、勤務先にレイクアルサの利用を知られることは基本的にありません。

 

それでも心配な場合は、電話をかける担当者の性別を相談することもできます。

 

例えば、女性の担当者に電話してもらうなどが可能です。

 

電話による在籍確認があったとしても、利用しやすいカードローンです。

 

レイクアルサは自動審査ですので、できれば申し込み後30分以内と早い段階で連絡しましょう。

 

とくにレイクアルサの審査は早いのでできる限り早めにオペレーターに連絡してください。

レイクALSA(レイクアルサ)の申し込みに必要な書類

レイクALSAの申し込みに必要な書類は次のとおりです。

 

・本人確認書類
(基本的にはこれだけでOK)

 

・住所確認書類(条件に該当する人)

 

・収入証明書類(条件に該当する人)

 

各書類のポイントを説明します。

 

本人確認書類

基本の本人確認書類は

 

・運転免許証

 

・パスポート

 

・マイナンバーカード

 

・健康保険証

 

です。

 

運転免許証の交付を受けていない人は、パスポートやマイナンバーカードを利用できます。

 

これらを所有していない人は、健康保険証が本人確認書類になります。

 

外国籍の人は、在留カード・特別永住者証明書が本人確認書類となります。

 

住所確認書類

住所確認書類は、6カ月以内に発行された現住所が記載されている公共料金の領収書・公的機関発行の書類のいずれかです。

 

次のケースに該当すると必要になります。

 

・本人確認書類に記載されている住所が現在の住所と異なる場合

 

・自動契約機で契約するときに本人確認書類として健康保険証を使用する場合

 

・Web契約(郵送あり)で契約するときに本人確認書類を2点揃えられない場合

 

収入証明書類

源泉徴収票・給与明細書・確定申告書などが収入証明書類に該当します。

 

必要になるのは次のケースです。

 

・レイクALSAの利用限度額の総額が50万円を超える場合

 

・レイクALSAの利用限度額と他社の借入れ総額の合計が100万円を超える場合

 

・提出する収入証明書類が発行日から3年を経過している場合

 

以上の書類を用意してから、申し込み手続きを始めましょう。

レイクALSA(レイクアルサ)の借入れまでの流れと申し込み方法と契約方法について

借入れまでの基本的な流れは次のとおりです。

 

1.申し込みと審査

 

2.本人確認と契約

 

3.所定の方法で借入れ

 

申し込み方法の種類

レイクALSAは次の申し込み方法に対応しています。

 

・スマートフォンから申し込み

 

・パソコンから申し込み

 

・自動契約機から申し込み

 

・電話から申し込み

 

スマートフォン・パソコンから申し込みの魅力は、時間や場所を問わず申し込みができ、来店しなくて自宅で完結することです。

 

また、審査時間も短くなり、融資までの時間も短縮されるのでWEBでの申し込みをおすすめします。

 

自動契約機や店頭窓口に行かなくても良いので、知り合いに見られることもありません。

 

契約方法の種類

申し込みは上記の方法でしたが契約方法は、Web完結(郵送なし)・Web契約(郵送あり)・自動契約機で契約の3種類です。

 

WEBでの契約には、

 

Web完結(郵送なし):スマート本人確認

 

Web完結(郵送なし):口座登録で本人確認

 

Web契約(郵送あり):カードをご自宅へ郵送

 

とあります。

 

Web完結(郵送なし)は、スマートフォンと運転免許証で本人確認を行う「スマート本人確認」と本人名義の金融機関口座を登録する「口座登録で本人確認」に分かれます。

 

いずれも、カードの郵送はありません。

 

Web契約(郵送あり)は自宅にカードを郵送する契約方法です。

 

レイクALSA(レイクアルサ)はカードありとなしを選べ、振込先の口座を登録すればカードがなくても融資や返済が可能です。

 

ただデメリットもあります。

 

カードを発行しない場合のメリット

・ATMにいかなくても振り込みによる融資を受けることができる。

 

・借入れの手数料はかからない

 

カードを発行しない場合のデメリット

・融資の申し込みの時間帯によっては翌営業日に入金になる

 

・振り込みなのですぐに現金を引き出せない

 

即日振込の受付時間

 

コンビニや銀行の提携ATMでいつでもお金を引き出したい方は、カードを発行しておきましょう。

 

 

利用できるコンビニ、銀行の提携ATMの一例

 

 

レイクALSAカードを利用できるのは、全国の新生銀行カードローン自動契約コーナーと新生銀行カードローンATM、提携ATMです。

 

提携ATMは、コンビニエンスストア・銀行・クレジットカード・信販にわれます。

 

コンビニエンスストアに分類されるのは、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATM(ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラ・セイコーマート)、

 

銀行に分類されるのはイオン銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行、東京スター銀行、福岡銀行、広島銀行など、クレジットカード・信販に分類されるのはクレディセゾンです。

 

利用できるコンビニや銀行の提携ATM一覧

 

自動契約機での契約はその場でカードを発行する契約方法です。

 

オペレーターに相談しながら申し込みたい人には、自動契約機か電話から申し込みが向いています。

 

*レイクALSA(レイクアルサ)の自動契約機

 

自動契約機はオペレーターと話しながら契約できるので、契約に関して不明な点があればいつでも質問ができます。

レイクALSA(レイクアルサ)の返済方法

 

レイクALSAの返済方法は次のとおりです。

 

・新生銀行カードローンATM

 

・提携ATM

 

・銀行振込

 

・自動引落

 

深夜でも返済できるのは、提携ATMだけです。

 

一括返済には新生銀行カードローンATMと銀行振込、返済手数料無料で返済には新生銀行カードローンATMと自動引落が対応しています。

まとめ

レイクALSAは複数の申し込み方法に対応しているうえ、返済方法もいくつかあるため、利用しやすいカードローンだと評価できるでしょう。

 

ただし、誰でもレイクALSAを利用できるわけではありませんが、比較的借りやすい消費者金融だと言えます。

 

融資を受けるためには、審査に通過する必要があります。

 

レイクALSAを利用したい人は、まずは公式サイトの「お借入診断」を受けてみると良いでしょう。