SMBCモビットの審査は甘い?審査時間や在籍確認の有無、借りるまでの手順を解説!

SMBCモビットの審査は甘い?審査時間や在籍確認の有無、借りるまでの手順を解説!

SMBCモビットは大手銀行のSMBCグループが運営している消費者金融カードローンなので、全国の三井住友銀行ATMで借入返済が可能。

 

周囲に消費者金融でキャッシングしているとバレることなく融資を受けることができます。

 

*三井住友銀行のATMの画面

 

もちろん、コンビニや近所の他銀行でも借入れできます。

 

本審査完了は最短で30分、融資まで最短1時間ほどです。

 

モビットの特徴
三井住友銀行グループのモビットなので「安心」

 

実質年率3.0〜18.0%の低金利

 

ATMが全国どこでもあり、大変便利

 

このページではSMBCモビットの

 

金利や限度額

 

審査通過する条件や審査時間

 

申し込みに必要な書類

 

申し込み方法の種類や借入れまでの流れ

 

利用できる場所や返済方法

 

について説明していきます!

 

SMBCモビットでお金を借入れする場合の金利や限度額はいくらなのか

SMBCモビットの金利

SMBCモビットの金利は実質年率3.0%〜18.0%で、消費者金融カードローンの中でも平均的と言える利息です。

 

例えば、10万円を年率18%で借りた場合の利息は、1月当たり約1500円で済みます。

 

SMBCモビットの限度額

SMBCモビットでお金を借りれる限度額は800万円です。

 

これは他社の限度額よりも高額になっています。

 

もちろん、借りたら返さなくてはいけないため、自分が返済できる金額を考えて借りることが大切ですが、大きな金額が必要な場合には適しているでしょう。

 

なお、利用限度額は申し込みの際に設定した金額から上げることもできます。

 

利用限度額を上げる場合には再度審査をすることにはなりますが、必要な際はコールセンターに連絡すると良いでしょう。

 

実質年率 年3.0%〜年18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能
担保・保証人 不要
在籍確認 原則なし

 

SMBCモビットで「完全WEB完結」で即日キャッシングする条件

SMBCモビットで今すぐ借りたいなら「完全WEB完結」というサービスに申し込むと、在籍確認の電話連絡も郵送物(カード)なしで借り入れができます。

 

*もしカードが必要な場合は店舗か郵送という形になります。

 

ただ条件がありまして、

 

モビット指定銀行の口座(三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行)

 

を持っていてかつ

 

社会保険証、もしくは組合保険証

 

をお持ちの方のみとなります。

 

上記の2つの条件を満たしている必要があります。

 

つまり、「会社員(または公務員)」の人しか、この「完全WEB完結申込」は利用できなんですね。(´・ω・`)

 

ですが、会社員・公務員の方で

 

「わしゃカードなんかいらん!電話もして来るな!」

 

という方には嬉しいサービスですね。

 

自営業の場合は「国民健康保険」なのでNGで、通常のカード申し込みをしましょう。

 

WEB完結で今すぐ借入れしたいのなら、できれば早い時間(午前中など)に申し込むのが良いです☆

 

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

「完全WEB完結」で即日キャッシングに必要な書類

「完全WEB完結」で即日キャッシングに必要な書類は、

 

・本人確認書類
運転免許証またはパスポートの写し

 

・収入証明書類
源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与証明書の直近2ヶ月分

 

・勤め先確認書類
勤め先を証明する書類として、健康保険証・給与証明書(直近1ヶ月分)

 

です。

 

これらを用意してから「完全WEB完結」の申し込みしましょう!

SMBCモビットで審査通過するための条件や在籍確認、審査時間について知ろう

SMBCモビットで審査通過する条件

SMBCモビットで審査通過する条件は「安定した収入を得ていること」という内容が公式サイトで明示されています。

 

具体的には、

 

・年齢が満20歳以上69歳以下

 

・安定した定期年収があることが必要

 

・正社員だけでなく、アルバイトや派遣社員などの雇用形態を含む

 

一定の基準を満たしている人が対象です。

 

なお、対象には専業主婦は含まれていないため、専業主婦の人は SMBCモビットで借入れができません。

 

この条件以外にも、借入れ審査の際は他社での借入れがあるかどうかや、その借入れの返済が滞りなくおこなわれているかどうかも考慮されます。

 

他社で借入れをしていること自体は問題ありませんが、返済が遅延したり、延滞していたりした場合は審査に通らないこともあるため、注意が必要です。

 

また、勤務先情報についても、返済能力を図るために参考に見ることがありますが、どこに勤めているかによって審査に影響するわけではありません。

 

さらに自宅への郵送物もないので、安心して審査できます。

 

自宅については、アパートやマンションなどの賃貸に住んでいても借入れは可能ですが、持ち家がある人のほうが優遇されやすいです。

SMBCモビットの在籍確認について

SMBCモビットはWEBで完結可能な「WEB完結申込」から申し込むと在籍の確認を書類で行うので、審査の際に勤め先に確認の電話をはありません。

 

なぜなら、提出した書類で在籍確認を行うからです。

 

ちなみに、WEB完結とは、申し込みから返済までWEB上で完結できる申込方法のことを指します。

 

審査結果は、メールで届くのが特徴です。WEB申込を選択した場合、SMBCモビットから自宅へ郵送物が届くこともありません。

 

そのため、誰にも知られずカードローンを利用したいときに適している申込方法です。

 

WEB完結は銀行口座が必要

WEB完結を選択できるのは、所定金融機関の口座と全国健康保険協会発行の社会保険証か組合保険証を所有している人のみです。

 

所定金融機関は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行、みずほ銀行・ゆうちょ銀行の4行となっています。

 

所定金融機関の口座が必要になる理由は、これらの口座へ振込貸付と返済に利用するからです。

 

申込結果を早く知りたいときは、WEBの申込項目をすべて埋めるようにしましょう。

 

確認の手間が減るため、審査をスムーズに行うことができます。

 

ちなみに、必要書類はSMBCモビットの公式アプリから提出することが可能です。

 

SMBCモビットの審査時間について

審査時間については、申し込みをする曜日や時間帯によって翌日以降の取り扱いになる場合があるものの、基本的には最短30分で本審査完了します。

 

早くて1時間で借入れできるケースもあります。

 

即日融資するためにはなるべく平日の午前中など早めに申し込みをしましょう。

 

ネットから申し込みすれば、すぐに審査を受けることが可能です。

SMBCモビットで借入れする際に必要な書類とは

SMBCモビットで借入れをする際に必要な書類は、

 

・本人確認書類

 

・収入証明書類

 

・勤め先確認書類

 

です。

 

SMBCモビットで必要な本人確認書類について

 

本人確認書類としては、運転免許証や保険証、パスポートなどです。

 

何らかの事情があってこれらの本人確認書類を持っていない人はSMBCモビットへ問い合わせましょう。

 

SMBCモビットで必要な収入証明書類について

 

SMBCモビットで借入れをする条件として安定した収入があることが掲げられているため、借入金額にかかわらず、どのくらいの安定した収入を得ているのかを証明する書類の提出が必要です。

 

しかし、下記の条件に当てはまる場合のみ、収入証明必要書類が必要です。

 

・希望の借入額が50万円を超える場合

 

・SMBCモビットと他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

 

のどちらかにあてはまるケースです。

 

50万円以下の借入れで、希望限度額と他社借入額が合計100万円以下の場合は、収入証明書がいらないということです。

 

収入証明書類の種類には、源泉徴収票の写しや所得証明書の写し、税額通知書、確定申告書、直近2カ月分の給与明細書の写しなどが当てはまります。

 

SMBCモビットで必要な勤め先確認書類について

勤め先確認書類としては、社会保険証もしくは組合保険証のどちらかの健康保険証の写しや、直近1カ月分の給与明細が挙げられます。

申し込み方法の種類や借入れまでの流れを把握しよう

SMBCモビットの申し込み方法の種類や借入れまでの流れについて説明していきます。

 

申し込み方法についてはさまざまな方法が用意されているため、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

具体的には、web申し込み・郵便申し込み・電話申し込み・三井住友銀行内のローン契約機があります。

 

web申し込み

web申し込みにはweb完結バージョンと通常のweb申し込みバージョンの2種類があり、web完結バージョンはインターネットのみで利用申請できるため、誰にも知られることなく、申し込みが完結できます。

 

また、ローンカードの発行がないため、申し込みから手続き完了までにかかる時間が短い点が特徴といえます。

 

一方、通常のweb申し込みバージョンは郵送物や電話連絡が来ることがあり、webのみで申し込みを完結させることはできませんが、ローンカードが発行されるところが前者と異なる点です。

 

郵便申し込み

郵便申し込みは、三井住友銀行などで申込書をもらい、郵送で借入れの申し込みをする方法です。インターネットが使えない人には適していますが、郵送物が来たり、電話連絡がきたりするほか、申し込みから審査結果の連絡をもらうまでの時間がかかる点がデメリットでしょう。

 

電話申し込み

電話申し込みは、郵便申し込みと同様に、インターネットを利用できない人に向いています。

 

郵便申し込みよりも時間を短縮できますが、必要書類は別途郵送しなくてはいけない点に注意が必要です。

 

借入れするまでには、申し込みをして審査に通らなくてはいけません。

 

三井住友銀行内のローン契約機

三井住友銀行内のローン契約機では、申込みからカードの発行までの手続きをおこなうことが可能です。

 

ただ、三井住友銀行内ローン契約機は審査からカード発行までの時間が最短30分で完了しますが、実際には1時間くらいかかることもあり、その間契約機の中で待機しなくてはなりません。

 

なので、急いでいる方やローン契約機で待機するのが嫌な方は、

 

まずWEBで申し込んで審査を完了する
↓↓↓
ローン契約機でカードを発行してもらう

 

という流れが最短時間で借入れができます。

 

SMBCモビットの借入れまでの流れ

審査の流れについては、仮審査をしたあとに本審査になる2段階に分けた審査がおこなわれています。

 

仮審査はコンピューターを活用したスコアリングによって判定されるため、スムーズに審査が進むでしょう。

 

また、仮審査でほとんどの項目がしっかりとチェックされるため、仮審査に通過できれば本審査はほとんど落とされることはありません。

 

なお、本人確認のためにオペレーターから電話がかかってきますが、その電話に出られず本人確認が遅れると審査時間にも影響が出るため、気を付けましょう。

SMBCモビットが利用できる場所と返済方法を知ろう

SMBCモビットの利用できる場所や返済方法についてですが、SMBCモビットには自社ATMがないため、利用する場合は提携しているATMを使います。

 

しかし、全国の多くの銀行やコンビニATMと連携ができているため、借入れする場所に困ることはないでしょう。

 

なお、連携ATMでは1万円単位でしか借りられない場合が多いですが、三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行のATMであれば1000円単位での借入れができるため、少額の借入れをしたい場合は、これらのATMを利用すると良いです。

 

借入れしたお金を返済する場合は、

 

・預金口座からの自動引き落とし

 

・指定の預金口座への振り込み

 

・ATMの利用

 

の3種類から選べます。

 

預金口座からの自動引き落とし

預金口座からの自動引き落としは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のうち、いずれかの預金口座があれば利用可能です。

 

手間や手数料がかからないメリットがある一方、口座残高の確認が必要な点や、上記の銀行の預金口座を持っていないと利用できないというデメリットがあります。

 

指定の預金口座への振り込み

指定の預金口座への振り込みは、利用している口座からSMBCモビットが指定する口座にお金を振り込む方法です。

 

どの口座からでも振り込みができる一方、毎月振り込みをしなくてはいけない点や、振り込みのための手数料がかかる点がデメリットといえます。

 

ATMの利用

ATMを利用する場合は全国にあるさまざまな銀行やコンビニのATMから返済することが可能です。

 

利用できるATMが多いため、返済しやすいというメリットはありますが、指定口座への振り込みの場合と同様、手間がかかるほか、三井住友銀行ATM以外では利用手数料がかかる点がデメリットでしょう。

まとめ

SMBCモビットを利用する場合は安定した収入を得ていることが必要ですが、借入限度額が大きいため、多くのお金が必要な人は利用を検討してみると良いでしょう。

 

また、審査も最短30分でできるため、急いでいる場合も適しています。

 

SMBCモビットの申し込みをする際は、さまざまな申請方法があるため、本記事を参考にしながら自分に適した方法を選んでみてください。