三井住友銀行カードローンの審査は甘い?融資までの審査時間や借りるまでの手順、在籍確認の有無などを解説!

三井住友銀行カードローンの審査は甘い?融資までの審査時間や借りるまでの手順、在籍確認の有無などを解説!

三井住友銀行カードローンの借入れ限度額と適用金利はどれくらい?

さっそく、三井住友銀行カードローンの限度額や金利について紹介していきます。

 

まず、三井住友銀行カードローンが定める契約限度額は10万円〜800万円です。

 

契約限度額とは、カードローンによって借入れ可能な合計金額を示しています。

 

なぜこれほどまでに金額の幅が広く設定されているのかというと、ローンを利用する人の収入や資産状況によって、許容できる借入れ金額がそれぞれ異なってくるからです。

 

また、審査を経て一旦限度額が確定したとしても、利用者の取引状況次第で借入れ上限が減額される可能性があります。

 

次に、借入れ金利についてまとめていきましょう。

 

三井住友銀行カードローンの借入れ利率の範囲は、年1.5%〜14.5%に設定されています。

 

さらに、利用者の契約限度額に応じて、実際に適用される借入れ利率は以下のように異なります。

 

*三井住友銀行カードローンのHPより

 

・限度額100万円以下:年利12.0%〜14.5%
・限度額100万円超〜200万円以下:年利10.0%〜12.0%
・限度額200万円超〜300万円以下:年利8.0%〜10.0%
・限度額300万円超〜400万円以下:年利7.0%〜8.0%
・限度額400万円超〜500万円以下:年利6.0%〜7.0%
・限度額500万円超〜600万円以下:年利5.0%〜6.0%
・限度額600万円超〜700万円以下:年利4.5%〜5.0%
・限度額700万円超〜800万円以下:年利1.5%〜4.5%

 

このように限度額が大きいほど、適用利率が低くなっていく傾向にあります。

 

これは借入れの上限額が大きい利用者は、通常返済能力が高いと判断されるため、その分低金利で融資が行われるという事情を示しています。

 

尚、記載した利率は変動金利に当たることから、金融情勢により金利が見直される可能性はあります。

 

さらに優遇措置として、三井住友銀行の住宅ローンを利用している対象者ならば、年1.5〜8.0%の金利でカードローンを利用可能です。

 

ただ、住宅金融支援機構直接融資のみ、長期固定金利型住宅ローンのみなど一部対象外のケースもあるので注意してください。

 

三井住友銀行カードローンの審査通過の条件や審査時間、在籍確認など気になるポイントを解説

続いて、三井住友銀行カードローンで審査通過する条件や審査時間、在籍確認についてまとめます。

 

三井住友銀行カードローン申し込み条件や審査時間

まず、カードローン審査を申し込むにあたって、以下のような条件を満たさなければなりません。

 

・申し込み時点で満20歳以上満69歳以下であること

 

・原則安定した収入があること

 

・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられること

 

・借入れを行うのが申し込み者本人であること

 

なお、こうした条件に本当に当てはまるのか不明な場合は、三井住友銀行の公式サイト上の「お借入れ10秒診断」にて、3つの質問に回答するだけで申し込み可能か否かざっくりと判定してもらえます。

 

*スマホからカンタン10秒審査!

 

この診断はあくまで目安のため、実際の審査結果とは異なる可能性がある点は留意してください。

 

そして、三井住友銀行カードローンの契約に要する審査時間については、最短で翌営業日の利用開始となります。

 

三井住友銀行カードローンは即日融資には対応していないので注意してください。
(ちなみにどの銀行カードローンも即日融資には対応しなくなりました)

 

申し込み内容や信用情報によっては、さらに審査時間がかかってしまう可能性もあり、日にちに余裕を持った申し込みがおすすめです。

 

即日融資をしたいなら消費者金融カードローンがおすすめ

即日融資をするなら、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

 

SMBCモビットやプロミスなら、三井住友銀行のローン契約機で申し込みができるので便利です。

 

 

最短で融資を受けたいなら、必ずWEB申し込みを済ませてからローン契約機で契約してください。

 

ローン契約機で初めて申し込むと、審査完了までローン契約機の中で待機しなくてはならないからです。

 

*融資までの時間がかかるということです

 

審査時間は30分ほどが目安ですが長い時で1時間くらいかかるケースもあります。

 

注意したいのが、SMBCモビットはローン契約機から新規の申し込みができますが、プロミスの場合は三井住友銀行のローン契約機では新規の申し込みはできません。

 

*字が小さいですが写真の注意書きに書いています。

 

なので必ずインターネットから申し込みをして審査通過してから、三井住友銀行ローン契約機で契約やカード発行手続きをしてください。

 

すぐに融資可能です。

 

まずはインターネットや電話で申し込みを済ませておきましょう。

 

三井住友銀行カードローンの審査時の在籍確認について

カードローンの審査中に、在籍確認があるのかどうか気になる人もいるでしょう。

 

在籍確認とは、申し込み者が提出した勤務先に、本当に本人が在籍しているのか確認する作業のことで、クレジットカードなどへの申し込みの際にも、お馴染みの審査プロセスです。

 

在籍確認では、申請内容に虚偽がないか確かめるほか、勤務先のチェックを通じて利用者の返済能力の評価を行っていきます。

 

そして、三井住友銀行カードローンの審査においても、この在籍確認が行われるのは確定的です。

 

具体的には、申請時に記載した勤務先へ、三井住友銀行より申し込み者本人宛の電話連絡が入ります。

 

その際に、本人以外が電話を受けて、カードローンの利用が社内で知られないか心配になるかもしれません。

 

しかし、在籍確認では、単に三井住友銀行が本人の在籍をチェックするだけで、カードローンを審査している旨などが他の社員に告げられる心配は無用です。

 

もちろんタイミングよく本人が電話に出られれば、その時点で在籍確認は手短に完了します。

 

また、外出中に勤務先に電話が入り直接応答できなかったとしても、職場の同僚が

 

「外出中です」
「取り込み中です」

 

などと返答すれば、本人が話すまでもなく在籍確認は終了します。

三井住友銀行カードローン審査に必要な書類とは?

三井住友銀行カードローンの審査に必要な書類についてまとめていきます。

 

まず借入れ希望金額を問わず必要となるのが、本人確認書類です。

 

提出可能な本人確認書類は、

 

・運転免許証

 

・個人番号カード

 

・パスポート

 

・住民基本台帳カード(顔写真付き)

 

のいずれか1点です。

 

状況によっては、他の本人確認書類等の提出が求められるケースもあります。

 

上記以外の本人確認書類に関しては、対応可能かどうかカードローンプラザへ直接問い合わせてください。

 

さらに、50万円以上を借り入れたい場合は、本人の年収を確認できる書類を追加で提出する必要があります。

 

具体的には、

 

・源泉徴収票

 

・税額通知表

 

・所得証明書

 

・確定申告書

 

・給与明細書

 

の中からいずれか1点のコピーを提出しなければなりません。

 

三井住友銀行カードローンの申し込みから借入れ開始までの流れ

 

次に、三井住友銀行カードローンの申し込み方法の種類や借入れまでの流れを解説していきます。

 

三井住友銀行カードローンを申し込むには、主に3通りの方法から選択できます。

 

web経由で申し込み

1つ目は、パソコンやスマホからweb経由で申し込む方法です。

 

WEBからの申し込みが融資までの時間が最短なので一番おすすめの申し込み方法です。

 

忙しい人でも、24時間どこでも手が空いたタイミングで申し込みできるという点も便利です。

 

専用ページより必要事項を入力して送信し、本人確認書類のデータをオンラインにアップロードします。

 

その後、最短翌営業日に電話もしくはメールで審査結果が通知され、三井住友銀行普通預金口座の契約者であれば、手元のキャッシュカードを用いて即カードローンを利用できるようになります。

 

一方、普通預金口座(キャッシュカード)を持たないケースでは、審査後ローン専用カードを受け取らなければなりません。

 

申請した住所へ送られてくるのを待つか、三井住友銀行のローン契約機もしくはプロミスの自動契約機を操作してカードを受け取ることも可能です。

 

ローン専用機で申し込み

2つ目が、三井住友銀行のローン専用機で、申し込み手続きから専用カードの受け取りまでを済ませる方法です。

 

 

最寄りのローン契約機にて、タッチパネルで必要事項を入力後、備え付けのスキャナーで本人確認書類を読み込んで提出します。

 

オペレーターによる契約に関する説明が終わったら、その場でローン専用カードの受け取りが可能です。

 

ただ、先にカードを受け取っていますが、実際にカードローンを開始するには最短翌営業日の審査結果の通知を待つ必要があります。

 

三井住友銀行で普通預金口座を持っている場合は、審査通過後は手持ちのキャッシュカードでもカードローンを利用できます。

 

電話申し込み

3つ目が、電話でカードローンを申し込む方法です。

 

まず、カードローンプラザに電話連絡し、オペレーターに必要となる情報を伝えます。

 

その後、本人確認書類を郵送しますが、もしweb環境があればオンラインにアップロードすることで手続きに要する時間は短縮可能です。

 

本人確認書類提出後は、最短翌営業日に審査結果の連絡が入り、普通預金口座契約者なら元々所持しているキャッシュカードでカードローンを利用開始できます。

 

それ以外のケースでは、郵送でローン専用カードが届くのを待つか、最寄りのローン契約機もしくはプロミスの自動契約機を操作してカード発行を行います。

 

三井住友銀行カードローンの利用可能なATMや各種返済方法

最後に、三井住友銀行カードローンを利用できる場所や返済方法について整理していきましょう。

 

三井住友銀行カードローンを利用できる場所

まず、手数料無料でカードローンによる借入れ・返済や残高照会を行える場所は、

 

・三井住友銀行ATM

 

・主要なコンビニに設置されているATM

 

・ゆうちょ銀行ATM

 

などです。

 

24時間稼働しているATMであれば、1日中手数料無料で借り入れなどのサービスを利用できます。

 

さらに、ATM利用手数料や時間外手数料が発生しますが、借り入れと残高照会(返済は不可)を行える場所が提携金融機関のATMです。

 

提携金融機関の場合は、ローン専用カードのみに対応しているという点も要注意です。

 

例外的に、三菱UFJ銀行の「店舗外」設置ATMのみ、手数料無料で借り入れサービスを利用できます。

 

三井住友銀行カードローンの返済方法

カードローンの返済方法は、

 

・ATM入金

 

・インターネット振込み

 

・口座振替

 

の3通りから選択可能です。

 

ATM入金

返済に利用できるATMは、

 

・三井住友銀行ATM

 

・コンビニATM

 

・ゆうちょ銀行ATM

 

のいずれかですが、

 

ゆうちょ銀行ATMのみ普通預金キャッシュカードによる返済には対応していません。

 

インターネット振込み

インターネット振込みでの返済は、三井住友銀行のインターネットバンキング(SMBCダイレクト)の契約者限定で利用できます。

 

24時間どこでも操作できる利便性がありますが、銀行振込み時の手数料は返済者側の負担です。

 

口座振替

口座振替による返済は、約定返済期日までにカードローン口座へ入金がない場合、予め登録した返済用預金口座より不足分が自動引き落としされるシステムです。

 

ATMなどへ出向かず手間いらずで返済が進む方法ですが、口座より引き落とされた金額が利息未満だと追加の借り入れがストップする可能性があります。

 

口座残高には十分注意を払うようにしましょう。

 

カードローン返済のタイミング

カードローン返済のタイミングは、毎月4つの期日から指定可能です。

 

毎月5日、毎月15日、毎月25日、毎月月末となりますが、銀行の休日と重なる場合は翌営業日を期日として扱います。

 

毎月決められた期日に、一定額を返済する方法が約定返済です。

 

仮に、借り入れ額が10万円以下の場合は、約定期日ごとに2000円ずつ返済を続けていきます。

 

また、資金に余裕がある際は、約定期日に関わらずまとまった金額を臨時返済することも可能です。

 

特に返済額に縛りはありませんが、少なくとも利息金額以上の入金が必要です。

 

臨時返済を積極的に活用することで、次回の約定期日が繰り越される、さらに、早期返済により支払い総額から利息分を減額できるといった利点が生まれます。

 

まとめ

ここまで、三井住友銀行カードローンの申し込み手順や利用方法について一通り解説してきました。

 

即日融資には対応しませんが、月々の返済負担が少なく、身近なコンビニで手数料もかからず幅広く利用できるなど、総合的に見て十分おすすめできます。

 

特に、長期的な融資においては、大いにそのメリットを活用できそうなカードローンです。