収入減・失業・転職でもらえるお金|給付金

更新日 2022年5月15日

雇用保険制度には失業中の生活を支える様々な給付があります。

 

雇用保険は働いてる人にとって、とても大切な制度です。

 

労働者のうち
「1週間の所定労働時間が20時間以上」で
「31日以上の雇用見込みがある」人は、
「雇用保険」の被保険者になります。

 

会社の給与明細などを見ると、
毎月、雇用保険の保険料が天引きされているのがわかります。

 

「雇用保険」は国の社会保険制度です。

 

加入手続きは事業主が行います。

 

雇用保険に加入していると「失業等給付」として、

 

「求職者給付」
「就職促進給付」
「教育訓練給付」
「雇用継続給付」

の四つの給付があることがわかります。

 

このうち「求職者給付」は四つの対象者、
すなわち

「一般被保険者」
「高年齢継続被保険者」
「短期雇用特例被保険者」
「日雇い労働被保険者」

にわかれています。

 

それぞれの対象者ごとに、もらえる手当や給付金が異なります。

 

このページでは失業時に雇用保険から出る
代表的な手当や給付金を紹介したいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

収入減・失業・転職でもらえるお金|給付金記事一覧

何らかの理由で会社を辞めた人も、生活を守るためにはお金が必要ですが、仕事を失った人の生活と再就職を援助する目的で用意され...

教育訓練給付金とは、一定期間雇用保険に加入していた人で職業訓練を受けたり、資格取得の為に予備校に通ったりした費用の一部を...