中学受験の塾代が高くて払えない!こどもの教育費が足りないときの解決方法

中学受験の塾代が高くて払えない!こどもの教育費が足りないときの解決方法


私立中学の受験を考える際、3年間の塾代は約2〜300万円となることが多く、1年生からの通塾を始めると費用はさらに上昇します。

 

だからといって、塾を活用しない受験は成功へのハードルが高くなります。

 

高校受験でも塾代が発生するので、実質的には塾への投資のタイミングが変わるだけです。

 

受験を繰り返すことは、家計にも子どもの精神にもプレッシャーを与える可能性があるため、選択は注意が必要です。

 

私立中学に進むと、初年度だけで平均97万円、さらに他の経費が追加されます。

 

公立と私立での学費には大きな差があるため、経済的視点では公立が優位です。

 

しかし、私立中学進学は多様な選択の中の一つ。明確な理由や目標があれば、コストが高くてもその選択は正当と言えるでしょう。

 

選択するにあたっては、十分な事前準備と計画が求められます。塾の料金情報は常に公開されているわけではないので、具体的な情報を得るためにはリサーチが欠かせません。

 

親として、予期せぬ経済的な負担を避けるため、塾の選び方や情報収集には時間と労力をかけ、計画的に進行することが重要です。

 

この記事では、こどもの教育費が足りないときの解決方法を解説します。

 

中学受験の塾代にかかるおよその費用


私の子供が日能研に通っている経験をもとに、参考として授業料を共有いたします。

 

我が家の子が日能研関西で小学4年生の際の年間費用(本科、4科目)を明記します。

 

これは実際に銀行口座から引き落とされた正確な金額になります。

 

【2022年】
1~2月:入会金22,000円 本科31,350円 教材23,034円 計:76,384円
3月:41,690円
4月:31,350円
5月:31,350円
6~7月:59,565円
8月:52,250円
9月:31,350円
10月:31,350円
11月:45,100円
12月:31,350円
【2023年】
1月:92,455円

 

合計:524,194円

 

【2023年度】日能研5年生 前期の月謝

入会金:22,000円 *兄弟在籍の場合は入会金免除

 

本科(授業、学習育成テスト、公開模試):
4科目 月額45,600円
3科目 月額43,500円

 

本科発展(授業、学習育成テスト、公開模試):
4科目 月額53,900円
3科目 月額51,700円

 

最難関Sコース、本科灘特(授業、学習育成テスト、公開模試):
4科目 月額55,500円
3科目 月額53,350円

 

教材費:
本科、最難関Sコース、本科灘特
4科目 月額40,205円
3科目 月額37,180円

 

【2023年度】日能研6年生 前期の月謝

入会金:22,000円 *兄弟在籍の場合は入会金免除

 

本科(授業、学習育成テスト、公開模試):
4科目 月額50,050円
3科目 月額47,850円

 

本科発展(授業、学習育成テスト、公開模試):
4科目 月額57,750円
3科目 月額55,550円

 

本科選抜、本科灘特(授業、学習育成テスト、公開模試):
4科目 月額61,050円
3科目 月額58,850円

 

教材費:
本科、本科発展、本科選抜、本科灘特
4科目 月額42,845円
3科目 月額38,060円

 

日能研の6年生にかかる年間費用は、約100~120万円です。

 

塾の月謝も毎年少しづつ値上がりしています。

 

下の子たちにも中学受験を考えているならさらに費用はかかりそうです。

 

四谷大塚の年間授業料の目安

四谷大塚の年間授業料は約109万円で、4大塾の中では比較的手頃な部類に入ります。一見、月謝が高く感じられるかもしれませんが、提供される週間の授業時間を考慮すれば、他の3つの塾と比較して1コマ当たりの価格は大差ありません。

 

四谷大塚を選ぶ際のポイントとして、選択授業や特別講座の料金が明確ではない点が挙げられます。これは、学生の個別のニーズや状況によって変わることがあるので、年間の総費用を計算する際にはこの部分も考慮することが大切です。

 

SAPIXの年間授業料の目安

SAPIXの年間費用は約125万円と、4大塾の中で最も高額です。具体的に料金内訳を見ると、初回の入会金や選択授業、特別講座の費用が他の塾に比べて高いのが特徴です。また、季節ごとの講習料もやや高めです。

 

しかしながら、SAPIXは週13時間の授業を提供するため、時間当たりのコストを考えると、必ずしも高価とは言えません。

 

早稲田アカデミーの年間授業料の目安

早稲田アカデミーの年間授業料は約118万円で、4大塾の中では2番目に高い部類となります。料金の内訳を詳しく調べると、季節講習の費用が他の塾よりも高いことがわかります。

 

ですが、特定の季節講習をスキップすると、年間の授業料は他の塾よりも低く抑えられる可能性が考えられます。

私立中学に入学してから教育費が足りなくなるかも


中学受験の際の塾の費用や私立中学の学費は、多くの家庭にとって重い経済的な負担となります。

 

「奨学金の活用」が一つの方法として挙げられることもあるでしょうが、中学段階はまだ義務教育期間に含まれています。公立中学も素晴らしい教育環境を持っており、私立に比べても遜色のない教育を受けることができます。

 

中学受験の塾料金は、一部の高額な塾で月に4?5万円、手ごろな価格の塾では月に2万円?3万円となっています。

 

一方、私立中学の学費に目を向けると、一部の高級な学校で月10万円近く、比較的リーズナブルな学校でも月3万円は見込まれます。

 

そして、これだけでなく、修学旅行や教材費、その他の経費など、初年度の納付金以外にも様々な出費が予想されます。これらを全て加算すると、想定以上の経済的な負担が家庭にかかることとなります。

私立中学校にかかる教育費の目安

私立中学校への進学の際の教育費は、どれほどの経済的負担となるのでしょうか。

 

文部科学省が発表した「令和3年度子供の学習費調査」によると、公立中学校と私立中学校の年間教育費は次の通りです。

 

年間の学習費
公立中学校:約53万8800円(月平均約4万5000円)
私立中学校:約143万6400円(月平均約12万円)

 

このデータから、私立中学の教育費は公立のおおよそ2.7倍かかることがわかります。この費用の内訳として、学校外活動費や学校給食費、そして学校教育費が含まれています。

 

特に「学校教育費」における差は著しいです。公立中学では24.6%を占めるのに対し、私立中学では73.9%もの割合となり、ここには授業料や入学金、通信費などが含まれています。この差は、私立の授業料や入学金が高額であることによるものです。

 

学校給食について考えると、私立中学校での提供は少ないため、公立に比べて割合は少ないものの、私立の場合、弁当や学食のコストが発生することから、食費において実際のコスト差はそれほど大きくない、あるいは私立が更に高いことも考えられます。

 

総合すると、私立中学校を3年間通学する場合、合計で約430万円の教育費が必要となります。これに対し、公立中学とのコスト差、約270万円をどれだけの家庭が実際に負担できるのかが、子供の進学選択における重要な判断基準となるでしょう。

教育費がきつくて足りないときの解決方法

中学受験の塾代、払えないときは家計を見直そう

塾の受講料を抑えるのは難しいかもしれませんが、日常の生活費を見直すことで、その分の節約が可能です。こうすれば、塾代を捻出するためのアルバイト収入なども少しは貯金に回せるかもしれません。

 

日常の節約は最初は挑戦的ですが、一度習慣づければ、節約の達成感を得られるでしょう。以下、生活費の節約のための3つのポイントをご紹介します。

食費

食費を節約する第一歩は、毎月の支出をチェックすること。コストを下げるためには、割引が多いスーパーを見つける、まとめ買いを心掛ける、食費の月間予算を設定するなどが効果的です。また、外食を控えるだけでも大きな差が出ます。

 

光熱費

光熱費の節約テクニックとして、エアコンの設定温度を適切に保つ、節水を意識する、温水の設定を低くするなどが考えられます。ただし、節約のしすぎは体調を崩す原因となり得るので、適度な節約を心掛けましょう。

 

保険料

保険料の見直しは、月々の固定費を大きく減らすための有効な手段です。定期的な見直しを行うことで、必要な保障を確保しつつ、過剰な保険料の支払いを避けることができます。見直しに自信がない場合、専門の保険相談窓口を利用して、節約のアドバイスを受けるのがおすすめです。

FPに無料相談する


「保険チャンネル」は、リクルートが提供する、FP(ファイナンシャルプランナー)への無料相談サービスです。

 

「保険チャンネル」という名前を聞くと、保険に特化したサービスを想像するかもしれませんが、その範囲はもっと広いです。もちろん、保険に関するアドバイスは得られますが、それだけでなく「家計の見直し」や「教育資金の計画」などの相談も可能です。

 

FPとの相談時に、積極的な勧誘を心配される方もいるかと思いますが、こちらのサービスではそのような強引なアプローチは行われません。

 

正確なアドバイスを受けるためには、年収、資産状況、家族構成などの詳細な情報が必要になることもありますが、保険チャンネルでは無料で何度でも相談できるので、安心して利用できます。

 

家計見直しに特化したFP無料相談はこちら

 

公立の中学に通わせる

子供の未来は中学受験の塾代で決まるものではありません。

 

多くの公立高校からも優れた大学に進む道が広がっています。

 

公立高校を卒業して、トップレベルの国立大学を目指す場合、ただ流されるのではなく、自分の夢を追い求めて努力する姿勢と、しっかりとした基礎知識が大切です。

 

実は、高校受験を見据えた塾に通っている小学生も珍しくありません。これらの塾は、中学受験を目的とする塾に比べ、費用が比較的抑えられており、指導方法も違います。

 

高校受験を専門とする塾は、検定試験や学校教科書をベースにした学びが中心となり、中学の内容にプラスする形で教えられます。

 

お子さんが学びの意欲を持っているのであれば、通信教育のスタディサプリやKUMONを利用して、独自の学習環境を築いてみるのも一つの方法です。

 

 

銀行の教育ローンで中学受験の塾代を賄う

多くの銀行が提供する教育ローンは、国の教育ローンよりも用途が幅広い特長を持っています。これには、中学生やそれ以下の年齢の子供の塾代や習い事、あるいは留学のような多様な教育目的の出費が含まれます。

 

銀行は、それぞれの顧客の要望や状況に応じた融資プランを展開しています。返済の方法、金利、融資の期間など、多岐にわたる選択肢が提供されているため、個々の経済状態や予想される未来の計画に基づいて選べます。

 

ただし、教育ローンを選択する際、利息が発生することや、返済計画の策定が必要となることを頭に入れておくことは必須です。

教育ローンの審査は即座ではない

教育ローンの審査は、通常のフリーローンやカードローンと比較して、厳格さが増します。それにより、審査から融資までには期間がかかることが一般的です。

 

具体的に、銀行の教育ローンの融資までには、約1?2週間程度の期間が考えられます。計画的な申し込みが賢明です。

緊急の必要があるならカードローンを選択

急な資金調達が必要な場面では、カードローンが有効な手段となり得ます。

 

手続きが迅速で、一部のカードローンは即日融資も行っています。このため、申込日には資金が手に入るケースも少なくありません。

 

しかしながら、カードローンの利率は、一般的に教育ローンよりも高めです。

 

長期的な返済が見込まれる場合、利息の負担が増加するリスクを考慮する必要があります。適切な時期に、より金利の低いローンへの切り替えを考慮することで、返済コストの軽減が期待できます。

 

カードローンは、正社員だけでなく、アルバイトやパートの方も利用できる場合があります。振込みやスマホを通じた取引で、他者に知られずに借り入れができる点も利点となります。

 

金利の低いカードローンも増えており、審査のみを完了しておくことで、いざという時のための資金確保を考えることができます。

三井住友カード(株)のSMBCモビット

審査:10秒簡易審査 融資まで:最短60分

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友カード(株)のSMBCモビットは三井住友カード株式会社が運営している消費者金融カードローンなので安心しておすすめできます。

 

全国の三井住友銀行ATMで借入返済が可能。

 

周囲に消費者金融でキャッシングしているとバレることなく融資を受けることができます。

 

もちろん、コンビニや近所の他銀行でも借入れできます。

 

三井住友カード(株)のSMBCモビットで今すぐ借りたいなら「完全WEB完結」というサービスに申し込むと、電話連絡や郵送物(カード)なしで借り入れができます。

 

まとめ

私立中学校を目指す場合、入学後の学費だけでなく、受験に向けての準備期間中にもさまざまなコストが発生します。

 

特に、塾や家庭教師、模試や教材の購入など、中学受験に特化したサービスを利用する場合は、その費用も考慮する必要があります。

 

子どもの未来のために最適な教育環境を選ぶことは大切ですが、家計に負担がかからないよう、早めの計画と節約策を検討することが重要です。

 

子どもの教育を考える際は、長期的な視野での予算計画を立て、早期からの準備を心がけましょう。

監修者、著者

■サイト運営者情報

当サイトは株式会社クロスウェブ(法人番号 国税庁経済産業省)が運営・管理しています。

法人番号

1120001197731

経済産業省

金融庁

一般社団法人日本クレジット協会

全国銀行協会