日本政策金融公庫で2回目の融資に成功|融資額300万円

【融資額300万円】日本政策金融公庫で2回目の融資に成功!

日本政策金融公庫で融資300万円の審査が通りました!

 

2年前に100万円融資してもらったのですが、今回で2回目の融資です。

 

金利は2.25%です。

 

 

個人事業時代に借りた100万円のうちまだ借入額が60万ほどあるので、それを相殺して240万円ほど融資です。

 

法人1期目ですが、銀行融資に引き続き融資の審査が通りました。

 

ここでは日本政策金融公庫で2回目の融資に成功した流れを記録したいと思います。

 

必要書類を提出する

まず必要書類を日本政策金融公庫に提出します。

 

提出した書類は

・直近1〜3年の確定申告書
・銀行の通帳
・昨年の所得税の領収書
・運転免許証

 

で、日本政策金融公庫で必要書類を提出した後、面談の予約をします。

 

面談の日時は以前は確面談の日は決められていましたが今回は都合の良い日にあわせることができました。

面談をする

面談はでは事業内容や資金の用途を細かく聞かれます。

 

この日本政策金融公庫の面談の数日前に銀行からも300万円融資実行できたのですが、日本政策金融公庫の方がラクでした。

 

1回目融資してもらったということもあるかもしれませんが、まわりでも同じように銀行と日本政策金融公庫から借りた人がいるのですが、日本政策金融公庫のほうがめんどくさくなかったと言っていました。

 

何がラクだったかといえば、法人口座も持ってたし新規で口座開設する必要もなかったし、なんか面談してても和やかだったんですね。

 

1時間程度で面談が終わりました。

 

1週間も経たないうちに融資合格の審査がおりました。

融資実行された

融資の審査がおりれば、必要書類を提出します。

 

・法人の印鑑証明書
・法人登記簿(履歴事項全部証明書)
・送られてきた書類の必要事項を書く

 

私の場合は個人事業から借りておりその借金を法人へと移すので、個人の印鑑証明書も必要でした。

 

あと印鑑と収入印紙も2000円ちょっと必要になります。

 

書類を提出してから法人の口座に融資されるまで3日程度でした。早い早い。

 

 

個人事業時代の借り入れを差し引いての額なので240万ほどでしょうか。

 

これで日本政策金融公庫から2回目の融資が実行されました。

 

これから日本政策金融公庫で融資を検討されている方のためになれば幸いです!

おすすめのカードローン検索

 

どうしてもお金が必要な時に、手元にお金がないという経験は誰しもあります。

 

そこで便利なのがカードローン。

 

即日融資が可能なカードローンもあり、会社員だけでなくアルバイトやパートでも融資が可能。

 

コンビニやお近くの銀行で気軽に利用できるので、周りに知られることなく借入れできます。

 

金利も安いカードローンも多く、来店不要・カード不要の要望にも対応しています。

 

いつでもお金を引き出せることを考えればカードローンは安心のお守りになります。

 

絞り込み検索リセット