アイフルおまとめローン「おまとめMAX」と「かりかえMAX」を解説。審査時間・他社解約・必要書類について

更新日 2022年8月8日

アイフルおまとめローン「おまとめMAX」と「かりかえMAX」を解説。審査時間・他社解約・必要書類について

 

複数の金融機関から借入をしている人は、毎月の返済を少しでも楽にしたいと考えるのではないでしょうか。

 

おまとめローンを利用することで複数の借入を一つにまとめられ、管理がしやすくなり返済計画も立てやすくなるなどのメリットが得られます。

 

ここで紹介するのは、「アイフルおまとめローン」です。

 

アイフルのおまとめローンには、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2種類があります。

 

それぞれのプランの詳細や申込み・審査について詳しく解説します。

 

アイフルの申し込みはこちら

 

アイフルおまとめローンには、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」がある

複数の借入をまとめることができるアイフルおまとめローンには、おまとめMAX かりかえMAXの2つのプランが用意されています。

 

それぞれの違いと商品概要をみていきましょう。

 

アイフルおまとめローン「おまとめMAX」

「おまとめMAX」は、現在アイフルを利用している人、もしくは過去に利用した経験のある人のためのプランです。

 

貸金業者だけではなく、銀行ローンやクレジットカードのリボ払いなども対象となっています。

 

おまとめ後の貸付利率は実質年率で3.0〜17.5%、遅延損害金は実質年率で20.0%です。

 

金利に関しては業界内でも非常に低く設定されています。契約限度額または貸付金額は1〜800万円です。

 

こちらも多くの人が利用しやすいよう他社よりも上限が高く設定されています。

 

満20歳以上で、定期的な収入と返済能力があり、アイフルの定めた基準をクリアしている人であれば誰でも利用可能です。

 

担保や連帯保証人は用意する必要がありません。

 

アイフルおまとめローン「かりかえMAX」

「かりかえMAX」は、はじめてアイフルを利用する人を対象とした、おまとめローンサービスです。

 

貸付利率や契約限度額など商品概要は「おまとめMAX」と変わりません。

 

「かりかえMAX」も同様に担保や連帯保証人を必要とせず、複数の金融機関からの借入をまとめることができます。

 

アイフル以外から借入をしており、一度すべてを整理し返済計画を簡略化したい人は「かりかえMAX」を利用してみましょう。

アイフルおまとめローンの申込み方法と審査の流れ

アイフルおまとめローンへ申込む方法と審査の流れを解説します。

 

アイフルおまとめローンへの申込み方法は2種類

まず申込み方法ですが、WEBからの申込みと電話での申込みの2種類が用意されています。

 

WEBは24時間365日受け付けており、電話は平日10?18時のみ受け付けています。

 

どちらの申込み方法を選択しても、審査の基準や内容は変わりません。

 

WEBでの申込みであれば曜日や時間帯も問わず、契約手続き等もすべてWEBのみで完結します。

 

 

自宅などへの郵送物も基本的には発生しないため、特段の理由がない限りWEBでの申込みを選ぶとよいでしょう。

 

アイフルおまとめローンの審査の流れ

アイフルおまとめローンの審査を受けるには、まずは申込みを済ませなければいけません。

 

その後、契約の手続きを行いましょう。

 

契約手続きはWEBからの申込みであれば会員専用のページへとログインし、必要な情報を入力・登録します。

 

それらの情報などを元に、アイフルの基準に沿って審査が行われます。

 

審査結果はメールか電話で受け取ることになるので、アイフルから連絡が入るまで待ちましょう。

 

審査までの流れは非常にシンプルであり、必要書類などが用意できれば特に戸惑うことはありません。

アイフルおまとめローンは在籍確認される?

通常の借入をする際などと同様に、おまとめローンの利用時も在籍確認の有無が気になる人は多いでしょう。

 

アイフルおまとめローンでは、申込み時の自宅や勤務先への在籍確認を原則実施していません。

 

多くの人が、安心して申し込めるのではないでしょうか。ただし、審査状況により在籍確認が行われるケースもあります。

 

その場合は、アイフルの担当者が個人名で連絡するため、アイフルからの在籍確認であることが家族や同僚等に知られてしまう可能性は低いです。

 

提出書類に不備がある、その他、申込みの際に入力や登録した内容に間違いがあるなどがなければ、在籍確認はないと考えても問題ありません。

アイフルおまとめローンの審査に必要な書類

アイフルおまとめローンの申込みと審査に必要な書類を種類ごとにまとめます。

 

本人確認書類

本人確認書類はA・B・Cの3つのカテゴリーに分けられます。

 

Aは、運転免許証、パスポート、個人番号カードなど顔写真付きの本人確認書類です。

 

Bは、健康保険証、年金手帳、母子健康手帳。

 

Cは、戸籍謄本、住民票、住民記載事項証明書

 

となっています。

 

それらとは別に補完書類として、現住所が記載されている健康保険証、パスポート、年金手帳、公共料金領収書、官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類などが定められています。

 

申込み時に必要になるのは、A・B・Cの中から2点、または、A・B・Cから1点と補完書類から1点です。

 

顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合は、Bから2点、または、Bから1点とCもしくは補完書類から1点、

 

または、Cから1点とアイフルから送られる簡易書留が必要な提出書類となります。

 

有効期限のない公的証明書に関しては、発行日から6カ月以内のもののみが有効となるので注意しましょう。

 

収入証明書

収入証明に関する書類ですが、源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、確定申告書、所得証明書のいずれかの最新発行分のコピー1部を提出する必要があります。

 

この中で、給与明細書に関しては、直近2カ月分が必要になる点は押さえておきましょう。

 

ただし、住民税の記載がある場合は、1カ月分で申込みが可能となる場合もあります。

 

ボーナスを支給されている人は、1年以内の賞与明細書もあわせて提出してください。

 

その他書類

その他書類とは、他社での借入条件等を確認できる書類です。

 

自らの借入状況を整理するためにも必要なため、申込み前に用意しておきましょう。

 

基本的にはここまでで説明した本人確認書類と収入証明書、他社借入条件等を確認できる書類を用意することで、アイフルおまとめローンの申込みが可能となり審査を受けることができます。

 

ただし、場合によっては、ここで記載した以外の書類を求められることもあるので、その際には求めに応じて用意・提出しましょう。

アイフルおまとめローンに他社解約は必要?

おまとめローンは通常、他社の借金を肩代わりするかわりに、他社を解約しなければならない契約となっていることがほとんどです。

 

アイフルおまとめローンを契約する際に、他社との契約を解除する必要は基本的にはありません。

 

「他社解約証明書は必要なのか?」

 

と電話でお伺いしたところ、「提出は基本的に無いが、提出を求める場合もある」とのことでした。

 

また、アイフルでおまとめローンを利用した場合、アイフルでの原則新規借入はできないので注意してください。
(どうしても借りたい場合はアイフルは相談を受け付けています。)

 

おまとめ後も借り入れたい人は1社だけ残すという方法もありますが、これ以上借入れを増やさないためにも新規の借り入れは避けたいところですね。

まとめ

アイフルおまとめローンは、その他のおまとめローンと比較しても、金利は低く借入上限は高めに設定されています。

 

申込みもWEBで完結でき、在籍確認や他社解約の規約なども基本的にありません。

 

アイフルの利用者は「おまとめMAX」で、アイフルをはじめて利用する人は「かりかえMAX」で、金利を減らし毎月の負担を減らしましょう。

 

アイフルの申し込みはこちら