SMBCモビットの審査に落ちる原因は?審査に通る審査条件、他のカードローンの審査に通る可能性、審査の流れや審査時間、在籍確認の有無について解説

更新日 2022年8月8日

SMBCモビットの審査に落ちる原因は?審査に通る審査条件、他のカードローンの審査に通る可能性、審査の流れや審査時間、在籍確認の有無について解説

キャッシングやカードローンを利用するため、SMBCモビットを検討している人も多いでしょう。

 

ただ、サービスに申し込むとき「審査に落ちてしまうのでは」という不安はないでしょうか。

 

この記事では、SMBCモビットの審査に落ちる原因を説明し、審査に通る条件、審査の流れや時間、在籍確認の有無などを紹介します。

 

また、SMBCモビットで審査に落ちた場合、他のカードローンの審査に通る可能性はあるのかも解説します。

 

SMBCモビットの申し込みはこちら

 

SMBCモビットの審査に落ちる3つの原因

SMBCモビットの審査に落ちる3つの原因は

 

「収入が安定していない」

 

「他社からの借入が多い」

 

「信用情報に問題がある」

 

ことです。

 

収入が安定していない

SMBCモビットでは申し込み条件に「安定した定期収入のある方」という内容が記載されています。

 

そのため、収入が安定していないと判断されれば、審査を通過することはできません。

 

一般的に安定していないと判断されるのは、フリーランスやアーティスト、日雇いなどの働き方の人です。

 

毎月決まった収入が得られる保証がない働き方なので、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

他社からの借入が多い

他社からの借り入れが多いことも、審査に落ちる原因です。

 

貸金業法では総量規制により、貸金業者から借りられる総額が年収の3分の1までと定められています。

 

例えば、年収が600万円なら、貸金業者から借り入れできる金額は最大200万円です。

 

他社から既に100万円借り入れがある場合は、100万円しか借りることができません。

 

他の貸金業者から既に年収の3分の1に当たる借り入れを受けていた場合は、審査を通過することはできないでしょう。

 

参考までに、総量規制は貸金業法なので、銀行法に則した銀行からの借り入れは対象外です。

 

信用情報に問題がある

また、4社以上から借り入れしていることも、多重債務者の印象を与えるので審査に大きな影響がおよびます。

 

「信用情報に問題」とは、信用情報機関に金融トラブルの履歴があるなど、一般的に「ブラック」と呼ばれる状態です。

 

金融トラブルがあると、その情報は過去数年間の履歴が残るため、現時点での収入が安定していても、審査は通過できません。

 

ブラックになる主な金融事故は

「3カ月以上返済が遅れた経験がある」

 

「クレジットカードや携帯電話などの強制解約を受けた」

 

「家賃を長期滞納し保証会社がかかわった」

 

「奨学金の返済を長期間滞納した」

 

ことなどが挙げられます。

SMBCモビットの審査に通る条件

SMBCモビットの審査に通る条件は、正確で正直な申し込みを行うことです。

 

SMBCモビットでは審査内容を公表していないので、確実に審査を通過できる方法は明確ではありません。

 

ただ、申し込み条件は公表されているので、参考にできます。

 

SMBCモビットの申し込み条件として設けられているのは、年齢「満20〜69歳」の「安定した収入のある人」です。

 

安定した収入は「当社基準を満たす方」とされているので、年収や勤続年数に明確な設定はなく、SMBCモビットの総合的な判断ということになります。

 

アルバイトやパート、自営業でも利用可能としているので、正社員でなければならないわけではありません。

 

前章でフリーランスやアーティストでは審査の通過が難しいと紹介しました。

 

しかし、収入証明などで一定の収入が得られていることを証明できれば、審査を通過できる可能性はあります。

 

審査に通る審査条件の重要なポイントになるのは、虚偽ではなく正しい情報で申し込んでいるかです。

 

審査は申し込み内容をもとに進められます。

 

年収や勤続年数、他社からの借り入れ情報などを偽ると、審査は通過できないので注意しましょう。

 

現時点で他社への返済などが滞り信用情報に不安があるなら、少しでも入金して支払いの意思を示すことも大切です。

 

返済の遅れが1カ月程度続いたくらいでは、信用情報機関にその内容が登録されることはありません。

 

金融事故になると審査に通る条件自体を満たせないので、支払い意思を示すのは重要なことです。

SMBCモビットの審査の流れと審査時間|在籍確認はある?

SMBCモビットは、公式ホームページから申し込みができます。

 

審査の流れや審査時間は次の通りです。

 

「申し込みフォームの記入」

「事前審査」

「本申し込み」

「在籍確認」

「審査結果の通知」

 

ここまでの流れは、申し込みの曜日や時間帯によって異なりますが「最短で30分程度」です。

 

「完全WEB完結」のWEBからの申し込みで、本審査完了時間は最短で30分、融資まで最短1時間ほどです。

 

 

公式ホームページから必要事項を記入し、10秒簡易審査という事前審査を受け、本申し込み前にサービスの利用ができるかどうか確認できます。

 

10秒簡易審査は、あくまでも申し込めるかどうかの事前審査なので、通過したからといって確実に借り入れできるわけではありません。

 

事前審査を通過すると、本申し込みに進みます。

 

勤務先の在籍確認が取れれば、申し込み時に伝えた電話とメールに審査結果が通知される流れです。

 

三井住友銀行内のローン契約機で申し込み場合

三井住友銀行内のローン契約機では、申込みからカードの発行までの手続きをおこなうことが可能です。

 

ただ、三井住友銀行内ローン契約機は審査からカード発行までの時間が最短30分で完了しますが、実際には1時間くらいかかることもあり、その間契約機の中で待機しなくてはなりません。

 

なので、急いでいる方やローン契約機で待機するのが嫌な方は、

 

まずWEBで申し込んで審査を完了する
↓↓↓
ローン契約機でカードを発行してもらう

 

という流れが最短時間で借入れができます。

 

SMBCモビットの申し込みはこちら

 

在籍確認はある?

審査の流れで気になるのは、勤務先に電話確認される「在籍確認」ではないでしょうか。

 

お金を借りることを「会社に知られたくない」という人も多いでしょう。

 

SMBCモビットでは「WEB完結申込」を選ぶことで、勤務先への電話ではなく書類での在籍確認が行われます。

 

用意する書類は、会社に在籍していることを証明できる社名入りの「給与明細」「源泉徴収票」「社会保険証」「雇用保険証」などです。

 

これらの書類が用意できなければ「WEB完結申込」でも電話による在籍確認が必要になるので注意しましょう。

 

ただ、電話による在籍確認では

 

「本人と確認できるまでSMBCモビットと名のらない」

 

「借金に関連する言葉を発しない」

 

「担当者の個人名で電話する」

 

などの配慮がされます。

 

そのため、電話による在籍確認でも、会社の人間に金融機関からの電話であることがバレることはありません。

他のカードローンの審査に通る可能性

SMBCモビットの審査に落ちてしまった場合、他のカードローンの審査に通る可能性も低いと考えておきましょう。

 

どの金融機関も審査の内容を公表していないので、通らないとは確実にはいえません。

 

ただ、前章で紹介した

 

「貸金業法の総量規制に該当している」

 

「4社以上からの借り入れがある」

 

「信用情報機関に金融トラブルの履歴がある」

 

などが、審査に通過できなかった理由だとしましょう。

 

その場合は、他のカードローンの審査に通る可能性もありません。

 

しかし、どれにも該当せず、SMBCモビットの審査に落ちてしまった場合には、他のカードローンの審査に通る可能性はあります。

 

SMBCモビットでは、申し込み条件の「安定した収入のある人」を、「当社基準を満たす方」としているので、すべての貸金業者に共通する条件ではありません。

 

したがって、審査に通過できない理由に該当していないにもかかららず、SMBCモビットの審査に落ちた場合は、高くはありませんが他のカードローンの審査に通る可能性もあるでしょう。

まとめ

SMBCモビットの審査に落ちる主な3つの原因は「収入が安定していない」「他社からの借入が多い」「信用情報に問題がある」ことです。

 

また、申し込み条件は、年齢「満20〜69歳」で「SMBCモビットの基準を満たす安定した収入のある人」とされています。

 

これらをクリアしていれば、審査に通る可能性が高いといえるので、利用を検討しているなら申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

SMBCモビットの申し込みはこちら